ニュース
» 2021年05月27日 20時10分 公開

「みんなで選ぶ短編漫画傑作集」Twitterハッシュタグが盛況 萩尾望都『半神』をはじめおすすめの名作続々(1/2 ページ)

小学館の『日本短編漫画傑作集』に少女漫画が含まれず、物議を醸した件を受けてハッシュタグが発生。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Twitterハッシュタグ「みんなで選ぶ短編漫画傑作集」が盛り上がり、多数のおすすめ作品がとり上げられています。盛況の背景には、先だって小学館が発表した『日本短編漫画傑作集』にかかる問題がありました。

※文中敬称略

 『日本短編漫画傑作集』は、日本漫画史から厳選された短編のアンソロジー。6月30日発売の第1集だけでも、目次には手塚治虫や平田弘史、白土三平、さいとう・たかを、石ノ森章太郎、つげ義春ら、そうそうたる名前が並んでいます。

 しかし、書籍データを同日発売の第2集・第3集まで見渡すと、女性漫画家の作品は一部散見できる(発表済みの33人中2人)ものの、少女漫画は1作品も見当たらず。さらに選者を務めた作家・評論家6人が全員男性であったことから、「書名は“日本の短編漫画全般”を指していながら少女漫画を除外するのはいかがなものか」と批判が集まることに。

 これに対し、同書の編集に協力している、雑誌『フリースタイル』の吉田保編集長は「今回は、少年、青年漫画なんです。少女漫画は入りません」「全6巻ということで始まった企画ですので、どこかに線引きは必要なのです」とTwitter上で説明。また出版元の小学館はJ-CASTニュースの取材に対し、作品が偏った理由について「少年漫画誌、青年漫画誌の経験の長い編集者が企画し、選者についてもその人脈でお願いしたため」「女性作家の作品も収載しており、女性差別や多様性を否定する意図は全くございません」と同様の回答をしています。

 こうした流れを受けて、『AIの遺電子』で知られる山田胡瓜は「#みんなで選ぶ短編漫画傑作集 とかなんかタグ作ってみんなでオススメしあってはどうか」とTwitterで提案。自ら萩尾望都の『半神』や森雅之の「アラビアの空に似た瞳 アラスカの空に似た瞳」(『夜と薔薇』に収録)を勧めました。

傑作短編 山田胡瓜推薦の『半神』(Amazon.co.jpより)。ハッシュタグでも多くのTwitterユーザーが推している

 この試みは多くの共感を呼び、ハッシュタグは急速に広まりました。目立つ名前は最初に挙がった萩尾望都作品をはじめに、竹宮恵子や和田慎二など。藤子・F・不二雄や高橋留美子、魔夜峰央や諸星大二郎を推す声も多く、ジャンルを問わず多くの作品が勧められています。

 なかには「短編は単行本未収録になるケースも多いので光が当たるのはうれしい」といった感想も。「ここに挙がったラインアップは、新人の短編をきっちり単行本化している白泉社系が多い」といった分析も見られました。

 ハッシュタグ発案者の山田胡瓜は反響の大きさに驚きながら、「小学館にけんか売ろうとかではなく(個人的にはシリーズ名は変えたらいいと思いますが)、単純に男女問わずいろんな作家のオススメ短編が知りたかったというだけです。短編に焦点を当ててくれた小学館の今後の取り組みにも期待しています!」とコメントしています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」