ニュース
» 2021年07月01日 20時10分 公開

全世界のやりらふぃ〜に刺さりまくり ギャル誌『egg』表紙に米人気歌手が抜てき、ドリル胸に渋谷で「DOJA CATでやんす」

新しいのか懐かしいのか。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 ギャル雑誌『egg』Web版7月号の表紙に、米歌手ドージャ・キャットが起用。外国人アーティストが同誌の表紙を飾るのは1995年の創刊以来初のことで7月1日、「まぢでDOJAたその曲聞いたら飛ぶぞっ」「うちらも便乗してバズらせてもろて〜〜〜」とギャル語で書かれたリリースを介して発表されました。解読班はどこだ!

ドージャ・キャット DOJA CAT egg say so planet her ギャル Instagram 『egg』Web版7月号表紙

 “DOJAたそ”ことドージャ・キャットは、代表曲「セイ・ソー」がYouTubeでの再生数14億回を超える大ヒットを記録。待望のニューアルバム「プラネット・ハー」をリリースしたばかりとまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで進化し続けるアメリカンギャルです。

 かねて日本のアニメや、原宿カルチャーへの傾倒を明かしており、メイクは渋谷や原宿のギャルからインスパイアされたものだと公言するほど。egg編集部の発信する「ギャルマインド」が、海をまたいでLA代表ギャルのドージャに伝わり、今回の表紙抜てきにつながったといいます。

 表紙ビジュアルは、アルバムのタイトルでありモチーフでもある惑星“プラネット・ハー”から、渋谷の街に降り立ったという想定の1枚。なぜか背景にはカラオケ館が映り込み、衣装の胸部分は渋谷ギャルもびっくりのドリル仕様で堂々と君臨しています。LAギャルVS渋谷ギャルと銘打たれ、海をまたいだギャルたちの共演ならぬ競演が期待される表紙です。

ドージャ・キャット DOJA CAT egg say so planet her ギャル Instagram ギャルしか勝たん

 なお『egg』は2014年に惜しまれながらも休刊しましたが、2018年からはYouTubeやSNSを中心としたWeb版として復活し、翌年からは年間2回刊行のペースでギャル情報を発信し続けています。同誌の赤荻編集長はドージャの起用に、「世界中にいるギャルマインドを持った女子たちがeggを通して一つになり、もっともっとギャル文化を発信・拡散していけたらと思っております」とコメントしました。

関連キーワード

ギャル | 渋谷 | アーティスト | 原宿 | アメリカ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」