ニュース
» 2021年07月03日 11時45分 公開

猫「お前の愛はハイオクか?」 毎年ラベルが怪文で人気の群馬地ビールが今年も意味不明だった

アナザースカイでアル中の猫が愛を説く。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ラベルに込められた鮮烈な詩で知られる、群馬県太田市のクラフトビールブランド「CHROA(クロア)」が2021年の新作を発売。「お前の愛はハイオクか?」とアル中の猫が問いかけ、飲む前から意識を揺さぶってきます。言われてみればレギュラーだったかもしれない。

CHROA 新作「TRAVOLTA」(右)と「UMBRELLA」(左)
CHROA 「TRAVOLTA」ラベル裏面

無慈悲なモルトの爽快感を口に含むと目の前に広がるここがお前のアナザースカイ。

サイコパスな瞳のキラーパス みつめるキャッツアイ 現れる猫のトラボルタ。

愛の給油所に長蛇で並ぶ孤独な現代人たちにそっと寄り添い 麦芽猫は囁(ささや)く

「お前の愛はハイオクか?」

――CHROA TRAVOLTA

 「お前は今幸せか?」「柑橘アロマと苦味の忖度(そんたく)」「麦芽娘のヘブン状態な味わい」など、独特のフレーズとフレーバーでファンを魅了してきたCHROA(関連記事12)。今回の「TRAVOLTA」では、飲むと広がるアナザースカイに、猫のトラボルタが愛を説く世界がうたわれています。

CHROA これが俺たちのアナザースカイ……

 レッドエールの「UMBRELLA」も同時発売。世情を雨模様になぞらえ、「雨社会で大人を演じる全ての役者たち」へトラボルタが傘とアイラブユーを差し出す情景を描いています。

CHROA 社会に降り注ぐを雨をしのぐ傘と愛
CHROA

赤銅色の液体は密に群がるインターネッツなお前たち。

誹謗中傷のない世界とスマホ対応型の愛。

そして宇宙規模の忖度を感じたい現代人に捧げる麦芽猫からのアイラブユー。

この雨社会で大人を演じる全ての役者たちよ この傘を持っていくがよい。

――CHROA UMBRELLA

 いずれの詩も具体的な味を伝えるものではありませんが、そもそもCHROAのコンセプトは「ビール業界にないファッション感覚と人間のサガやタブーを味とデザインでストレートに表現していく」こと。詩は味に従属する説明ではなく、ともにブランドを構成する同格の表現手法なのでしょう。読んで飲んで味わって、初めて1つの世界。

 そんなCHROAをプロデュースしているのは、ミュージシャンとホームレスを経て世界的ファッションホイールデザイナーとなった異色の人物、片岡達也(@kataoka12201905)さん。編集部は新作に込めた世界について聞きました。

CHROA 片岡達也さん

―― 新作のコンセプトは?

片岡 愛です。もう少し言うならば、今回は無味無臭の愛に感電したエレクトリックピープルの覚醒と旅立ちを2本組で構成されている感じです。コンセプトにまじめに愛を掲げるビールメーカーなどないでしょうが、ここにあります。

CHROA 「TRAVOLTA」に説かれて愛に目覚めた者が、「UMBRELLA」に与えられた傘をさして旅立つ2部構成

―― トラボルタはどんなキャラクターですか?

片岡 この時代、愛の給油所があったら、ガソリンを入れる車のように毎日長蛇の列になるでしょう。トラボルタはそこに住み着く、愛を説くアル中の猫です。

―― 猫を起用した理由は?

片岡 毎日、家の庭からリビングの俺をじっとみてる猫がいます。俺は動物は好きではない。ましてや人間はもっと嫌いです。だがコロナ禍において話し相手もいなく、真剣に猫語を学びたくなり、YouTubeで猫語を覚え、窓を開けて毎日ニャーと叫んでた時期がありました。

 48歳悪人相の男が昼間から外に向かいニャーと叫んでる絵は通報ものですが、気づいたんです。俺の中に猫が住み着いてると。形にしなくてはと。

CHROA 猫が内在する片岡さんのイメージ


 片岡さんが内に秘めた猫を体現した新作は、公式サイトで販売中。

CHROAの記事

「麦芽娘のヘブン状態な味わい」 群馬の名物地ビールが「今年も意味不明」と話題 詩の意味を聞いたらスケールがでかすぎた
「お前は今幸せか?」 群馬県の地ビール ラベルが何を言っているか分からないぶっ飛び具合で話題に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」