ニュース
» 2021年07月07日 12時00分 公開

小林プロデューサー×羽住監督のバイオ対談 空白の2006年描く、“サスペンス”としての「バイオハザード」とは(1/3 ページ)

25周年を迎えた「バイオハザード」が初の連続CGドラマに挑戦。

[のとほのか,ねとらぼ]

 サバイバルホラーゲーム「バイオハザード」シリーズ初の連続CGドラマ『BIOHAZARD:Infinite Darkness(バイオハザード:インフィニット ダークネス)』が7月8日にNetflixで配信されます。

バイオハザード バインフィニットダークネス Netflix 小林裕幸 羽住英一郎

 1996年にゲーム第1作が発売されてから、サバイバルホラーの金字塔として世界中から高い人気を誇るバイオハザードシリーズ。2021年は25周年という節目を迎え、さまざまな企画も始動。5月にはゲーム最新作『バイオハザード ヴィレッジ』を発売しました。

 そんなアニバーサリーイヤーをさらに盛り上げるのが、シリーズ初の連続CGドラマとなった今作。オリジナルのキャラクターも交えながら、シリーズでも高い人気を誇るレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドが、2000年(過去)と2006年(現在)2つの時間軸から次第に浮かび上がってくる巨大な陰謀に迫ります。

バイオハザード バインフィニットダークネス Netflix 小林裕幸 羽住英一郎 レオン
バイオハザード バインフィニットダークネス Netflix 小林裕幸 羽住英一郎 クレア
バイオハザード バインフィニットダークネス Netflix 小林裕幸 羽住英一郎 同作オリジナルキャラクターも

 監督は、『海猿』や『MOZU』シリーズ、『太陽は動かない』などを手掛けた羽住英一郎氏が3DCGアニメに初挑戦し、プロデューサーは、バイオハザードシリーズ製作/原作監修である小林裕幸氏(カプコン)。今回は、ともにヒットメイカーである2人の対談を実施し、これまで描かれてこなかった“サスペンス”としての「バイオハザード」を聞きました。

バイオハザード バインフィニットダークネス Netflix 小林裕幸 羽住英一郎 小林裕幸氏×羽住英一郎氏

小林裕幸氏(こばやしひろゆき)

 日本のゲームクリエイターでカプコンのプロデューサー。「バイオハザード」シリーズをはじめ、「戦国BASARA」「デビルメイクライ」「ドラゴンズドグマ」シリーズなどを手掛ける。



羽住英一郎氏(はすみえいいちろう)

 映画監督。2004年に『海猿』で映画監督デビューを果たし、『MOZU』シリーズや『太陽は動かない』などを手掛ける。



新しいバイオハザードを描いた“サスペンス要素”

――羽住監督は初のCGアニメに挑戦されました。小林プロデューサーが、羽住監督を起用したいきさつを教えてください。

小林裕幸氏(以下、小林) 製作プロデューサーの篠原宏康さん(トムス・エンタテインメント)と監督を誰にしようか話し合った際に、篠原さんが羽住監督の作品が好きだったいきさつがあり、お願いさせていただきました。

 過去、一緒にお仕事をされたわけではないものの、本当に羽住監督の作品が好きで、一緒に仕事をしたい思いが強く、実は飛び込み営業的なアプローチをしたそうなのですが、監督がご了承いただいたことで実現しました。よく受けていただきましたよね(笑)。

羽住英一郎氏(以下、羽住) 篠原さんからは、「今回の『バイオハザード』はドラマ的サスペンス要素を全面に出したい」とお話をいただきました。ただ、3DCGアニメは全くやったことがないですし、ゲームも全くやらない人間なので(もちろん「バイオハザード」は知っていましたが)、世界中の熱狂的なファンに比べると何も知識がない自分が(監督を)やっていいものかとは思いました。

 しかし、製作サイドの「こうしてほしい」というビジョンが明確だったので、自分でも応えられることがあるかもしれないと思ってすぐにやりたいとお返事させていただきました。3DCGアニメ作品であることや大勢のファンが支持する作品の新作を作ることは、すごくチャレンジングなお話でしたので、やってみたいなと。

 日々進歩している最新技術に触れられますし、普段、実写を制作しているときには会えないスタッフと一緒に仕事ができるのは勉強になるなと思いました。

バイオハザード バインフィニットダークネス Netflix 小林裕幸 羽住英一郎

――「サスペンス要素を全面に出したい」とのことですが、サスペンス要素を加えたことはどういった背景があったのでしょうか

小林 過去、『バイオハザード ディジェネレーション』(2008年)と『バイオハザード ダムネーション』(2012年)、『バイオハザード:ヴェンデッタ』(2017年)と3作CG映画を製作していて、ホラーやアクションといった「バイオハザード」として必要な要素を描きながら、さまざまなキャラクターを描いてきました。

 そうした流れを踏まえた上で、4作目はCG映画の形式や話の内容を少し変えたい思いがあり、連続CGドラマとしてサスペンス要素を取り入れました。シリーズとしては、ホワイトハウスを出すのが意外にも初めてだったり、この時代の大統領(※1)を登場させたりと、政治色が強く出ているバイオハザードはなかなかないので、それは僕も楽しみでした。新しい「バイオハザード」を描けたと思いますね。

【※1】:「バイオハザード4」に登場した女子大生アシュリー・グラハムの父親。2004年当時、ロス・イルミナドスの教徒らに誘拐されたアシュリーをヨーロッパへ向かい救ってくれたレオンを信頼している

バイオハザード バインフィニットダークネス Netflix 小林裕幸 羽住英一郎 同作で初めて登場するホワイトハウス
バイオハザード バインフィニットダークネス Netflix 小林裕幸 羽住英一郎 2006年時代のグラハム大統領
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  9. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  10. /nl/articles/2112/05/news043.jpg 木彫りの「溶けかけの氷」が目を疑うリアルさ 1つの木から掘り出して作った作品に驚きの声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」