ニュース
» 2021年07月07日 11時55分 公開

「ミヤネ屋」蓬莱大介、幼少期の事故で“潰れた親指”公開 腱鞘炎の原因と推測「4本の指で負担がかかってるのかも」(1/2 ページ)

事故の影響で曲がらないといいます。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 日本テレビ系の「情報ライブ ミヤネ屋」「ウェークアップ」などに出演する気象予報士の蓬莱大介さんが7月6日にTwitterを更新。幼少期に潰れた左手親指の写真を公開しています。

蓬莱大介 ミヤネ屋 ウェークアップ 腱鞘炎 蓬莱大介さん(画像は蓬莱大介Instagramから)

 6月25日のツイートで、包帯で厚く覆った左手をかざし、涙目の絵文字付きで「朝いちで腱鞘炎の手術してきました」と突然報告していた蓬莱さん。入院着をまとって病室にたたずみ、点滴付きのポールを抱えた痛々しい姿に、ファンからは「大丈夫ですか!? 早く完治することを願ってます」「手術受ける程って相当辛かったですね」と具合を心配する声が相次いでいました。

 蓬莱さんは25日中に仕事復帰し、7月6日にはすっかり薄くなった包帯を巻いた左手の写真も投稿。

 約2週間前に起こった出来事を知らない人に向けて、腱鞘炎の手術をしていたことをあらためて告げ、わずかにひしゃげて第一関節が消失した親指の写真を公開。子どもの頃の事故が原因であり、小さく短くなって曲がらないと告白します。「左手はモノを掴むのに4本の指でやってるから負担がかかってるのかも」と、不自由な状態の親指が腱鞘炎の遠因となったとの考えを示しつつ、「それで柔道10年やったりしてたから手首や指関節は古傷だらけです」と明かしていました。

 コメント欄では、「利き手じゃない左手が腱鞘炎とはなんでかな? と思っておりましたが、そんな過去が有ったのですね」「左手の親指にそんな過去があったなんて・・・」「明日の天気より蓬莱さんの手の具合ばっかりみちゃう」と、手術に至るまでの事情を知って驚くとともに、蓬莱さんの完全回復を願う声が次々に見られました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」