ニュース
» 2021年07月07日 16時00分 公開

ロッキン2021、“新型コロナ”の影響で中止決定に主催者「無念としか」 THE ORAL CIGARETTES・あきらかにあきら「悔しいね」(1/2 ページ)

2020年に続き2021年も中止になりました。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 8月に茨城県「国営ひたち海浜公園」で開催予定だった「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」が2020年に続き新型コロナウイルスの影響で中止になりました。出演予定だったロックバンド「THE ORAL CIGARETTES」のあきらかにあきらさんは、「ああああああああ」と悔しさをツイートしています。

ロッキンオンジャパン 中止 延期 YOASOBI あきらかにあきら 公式サイトトップ画像(画像は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」公式サイトから)

 フェスの公式サイトでは中止を伝えるとともに、総合プロデューサーの渋谷陽一さんが「楽しみにしていた参加者の方には本当に申し訳ありません」と謝罪しています。「コロナ禍に於ける安全なフェス実現」のために1年以上の長い時間をかけて開催スキームを検討し、さらに会場や地元自治体と協議の末に開催承認をもらい準備を進めていたことや、チケットが完売した日も出てきていたと明かし、「そうしたなかでの中止は残念というか、無念」と悔しさを強調。「私たちに他の選択肢はありませんでした。楽しみにしていた参加者の方には本当に申し訳ありません」と苦渋の決断だったことをつづっています。

 渋谷さんは、7月2日に茨城県医師会から「今後の感染拡大状況に応じて、開催の中止または延期を検討すること」「仮に開催する場合であっても、更なる入場制限措置等を講ずるとともに、観客の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すこと」の2つの要請が書かれた要望書を受け取ったことを公表。その上で検討した結果、入場制限は現実的に不可能なこと、「医師会からの要請に十全に応えること」が現状では難しいと判断し中止に踏み切ったとのことです。

 「『ロック・イン・ジャパン 2021』の開催は中止になってしまいましたが、各地で夏フェスは開催されます。絶対に成功してほしいです。音楽を止めない、フェスを止めない、という思いは多くの音楽ファンが持つ共通の思いです」と他のフェス主催者に強い思いを託した渋谷さん。加えて、「いつも最前線で戦い、状況を切り開く覚悟で頑張ってきましたが、今回は思いはかないませんでした」と悔しさをにじませていました。

 この決定を受けて、8日にトリとして出演予定だった音楽ユニット「YOASOBI」の幾田りらさんは「いつかまた会える日に向けて、YOASOBIはいつでも出発できるよう準備してまいります!」とツイート。初の有観客パフォーマンスにして、初フェス、そしてトリと話題尽くしでしたが「何百倍にも強くなって最強のステージをお届けしますので、また必ずお会いしましょう!」と前向きに“次”を約束しました。

 14日に出演予定だったロックバンド「THE ORAL CIGARETTES」のあきらかにあきらさんも「悔しいね ドラマが生まれそうなタイムテーブル、春フェスでみんなの努力と頑張りは凄かったのに」と悔しさをあらわに。「このモヤモヤも今後の表現に変えよう 音楽は止めない」と今の気持ちを創作に昇華することを宣言していました。

ロッキンオンジャパン 中止 延期 YOASOBI あきらかにあきら YOASOBIの幾田りらさんとAyaseさん(画像は幾田りらInstagramから)
ロッキンオンジャパン 中止 延期 YOASOBI あきらかにあきら 「THE ORAL CIGARETTES」のメンバーショット。あきらさんは左から2番目(画像はTHE ORAL CIGARETTES Instagramから)

 この決定にSNSでは、「こういう形の断念はロッキンオンの努力報われなすぎて心が痛い」と主催者側に寄り添う声とともに、「必ずまた開催するといってください。それから絶対ロッキンオン潰さないで下さい」「来年こそは行きたいな、ロッキン」と願う声があがっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」