ニュース
» 2021年07月07日 20時00分 公開

意外に多い? 「人名」由来の列車名 海外では「トラヤヌス/トルストイ」、日本では「かいおう」「いさぶろう」「しんぺい」

「かいおう」どなたかかご存じですか?

[新田浩之,ねとらぼ]

 「ひたち」「あずさ」「のぞみ」「サンダーバード」……。列車にはさまざまな愛称、列車名が付けられています。どれも列車の特徴と親しみを感じる、いい名前ですよね。

 諸外国では「人名」が由来の列車も多いです。

photo 発車を待つ「イヴォ・アンドリッチ号」の車内

 ヨーロッパやロシアに「トラヤヌス号」(ブダペスト〜ブカレスト)、「イヴォ・アンドリッチ号」(ブダペスト〜ベオグラード)、「レフ・トルストイ号」(モスクワ〜ヘルシンキ)があります。

 もっとも近年は「レーピン号」「シベリウス号」(サンクトペテルブルク〜ヘルシンキ)が高速列車「アレグロ」になったように人名の採用は減っている傾向もみられますが、“偉人”的に著名な作家や作曲者の人名が多い印象を受けます。

 一方、日本の新幹線、特急列車の名前は、「ひかり」「こだま」「やまびこ」「はやぶさ」「つばめ」「とき」「さくら」「みずほ」など、スピード感や姿・自然の美しさを表現した「光・音」「花」「鳥」「風」「山」にちなんだ名前が多いです(関連記事)

日本にも意外とある「人名」が由来の列車

 「人名」の付いた特急列車も意外とあります。

 2021年6月現在、定期特急列車では「かいおう」(直方〜博多)と「いさぶろう・しんぺい」(熊本〜吉松)があります。

 また、名前は“お米名から”説と、“お米のあきたこまち→お米名の由来である秋田出身の小野小町(人名)説”、それぞれを唱える人がいますが、「こまち」(東京〜秋田)も今回は含めることにしましょう。

photo (参考)特急「かいおう」に使われる787系電車(写真は787系リレーつばめ)(写真:呼んでる渋沢)

 かいおうは大相撲の元大関「魁皇」(現浅香山親方)の四股名に由来します。魁皇関は福岡県直方市の出身で、地元で絶大な人気がある力士です。

 存命中の人物(しかも登場時は現役の力士)が特急列車の列車名になることは珍しく、いかに魁皇関が地元に愛されているかがよく分かります。2021年7月現在、「かいおう」は朝ラッシュ時間帯と夜間に運行され、通勤特急としての役割を果たしています。

hisatsu_sen_20160829131124

肥薩線を走る特急「いさぶろう・しんぺい」Photo by inunami

 「いさぶろう・しんぺい」は肥薩線を走る気動車特急です。「いさぶろう」は人吉〜吉松間建設時の逓信大臣であった山縣伊三郎氏、「しんぺい」は初代内閣鉄道院総裁を務めた後藤新平氏、2人の鉄道系偉人に由来します。かつては全て普通列車でしたが、2017年に一部が特急列車に出世しました。

 両列車とも目的地を速く結ぶというよりは観光特急といった感じ。特に人吉〜吉松間のループ線やスイッチバックはなかなかのものです。

photo 東京と秋田を結ぶ秋田新幹線「こまち」(写真:杉山淳一)

 「こまち」は言わずとしれた秋田新幹線の代表列車。1997年の秋田新幹線開業の際に公募で決められました。伊豆方面の特急「踊り子」とともに、女性をイメージさせる珍しい列車名です。JR東日本の新幹線の列車名は変化が激しいのですが、「こまち」はこれからも使われ続けるのではないでしょうか。

 また、1999年〜2003年にはJR九州に日本近代医学の父・シーボルトが由来の特急「シーボルト」もありました。

 そういえば海外に作家名が由来の列車があるならば、伊予鉄「坊ちゃん列車」を含めてもいいですかね。由来は夏目漱石の小説「坊ちゃん」から。こんな流れだともっとたくさんありそうだ……。人名が由来の「駅名」もいろいろありますがキリがなさそうなので、今回はひとまずここまでで。

 皆さんが普段使う列車や駅も由来をあらためて調べてみると、面白くて興味が沸く事実を発見できるかもしれません。皆さんはどんな列車名が思い浮かびましたか?

photo (参考)鶴見線の「浅野」駅 鶴見臨港鉄道を設立した浅野総一郎氏から名付けられた。鶴見線はほかに製紙王大川平三郎氏由来の「大川」駅、安田財閥創始者安田善治郎氏由来の「安善」駅など、人名由来の駅名たくさん(写真:杉山淳一)

新田浩之(にったひろし)

1987年神戸市生まれ。関西大学文学部卒、神戸大学大学院国際文化学研究科修了。主に鉄道と中欧、東欧、ロシアの旅行に関する記事を執筆。2018年からチェコ政府観光局公認の「チェコ親善アンバサダー2018」を務める






Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」