ニュース
» 2021年07月11日 12時00分 公開

教えないけど伝えたい 同人誌『他人におすすめしない映画たち』からあふれる、映画を好きだという気持ち司書みさきの同人誌レビューノート

本当に好きだからこそ、教えづらいことってありますよね。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 近頃は映画館だけでなく、おうちでもさまざまな映画作品を見ることができるようになりました。出会いの入口が広がり、中では多彩な作品があって……むしろだからこそ「何を見ようかなぁ?」と悩む機会も増えたかもしれません。今回の同人誌は“おすすめしない”映画紹介同人誌です。

今回紹介する同人誌

『他人におすすめしない映画たち』A5 16P 表紙・本文カラー

著者:はにみ


同人誌 図書館 司書 真っ赤な幕から顔をのぞかせる2人が紹介作品につながっていきます

大好きだから“おすすめしない”映画たち

 こちらのご本では2000年代の映画から計8作が文章とイラストで紹介されています。

 “おすすめしない”のはその作品にマイナスの感情を持っているからではありません。作者さんは「他人にすすめるのに向いている映画というのもきっとあるのだと思う」「本当に好きな映画は、大好きなほど、他人には、教えてあげない」と書かれています。

 分かるような気がします……! 司書仲間でも「利用者さんから『何か面白い本ある?』と漠然と聞かれたときのドキドキったらないよね」と度々盛り上がるのですが、それに似ているかもしれません。相手の嗜好や状況を考え、探りながらの提案ってなかなか難しいものです。いいなと思った作品が心に響けば響くほど、その震えを他者と共有するのに慎重になり、でも好きなことを語りたい気持ちもある。その間からこのご本が生まれています。

 紹介は作品名、公開年、監督名のベーシックな情報と、4作品は文章ページをどーんと1ページ取ってあらすじや感想がしっかり語られ、もう4作品については約10行ほどの短さにぎゅっと思いを込めてコンパクトにまとめられています。

同人誌 図書館 司書 「じっくりと、好きだと言ってみたい」な作品たちが紹介されます

創作のイラストと作品紹介がまじりあう面白さ

 表紙にはじまり、冒頭のご本制作部分のマンガ、作品紹介に添えられたイラスト、どれも同じ人物が描かれています。スーツ姿のお姉さんとセーラー服の子です。実は作品紹介と対になるページにもこの2人が登場するのですが、役者さんの似顔絵だったり、衣装を模しているわけではありません。作品から受けるイメージを表したような、2人の一瞬を切り取った絵が、紹介文の隣に並んでいます。

 最初のうちは初対面で、映画館で1つ隣の席に座っただけの関係のようです。でもその先は……どんな間柄かの説明はなく、セリフもありません。それでもすてきな作品と出会ったとき、思わず気持ちを発露したくなるその心の動きが、ご本を読み進めると自然に流れこんでくるようです。

同人誌 図書館 司書 やわらかな色使いのキャラが、一色だけで塗られたスクリーンの前にいるように浮き立ちます

教えないけど伝えたい、そのはざまを形にする

 作品紹介の文章は、なぜその作品が好きなのかについて思いを巡らせ、時に自分の行動や思い出を交えながら穏やかに振り返る、作者さんの個人的な目線が中心になっています。一方でイラストは作者さんでも役者さんでもなく、2人は2人だけで別のストーリーが感じられるように作られており、その視点は一歩離れたところから見ているような気分になります。

 この2つの流れが相反するのではなく、縦糸と横糸になって編まれ、温かくも静けさを感じるご本になっているのが、教えないけど伝えたい、複雑な感情を大切にして作られたこのご本の成り立ちと重なります。

 読んでいる間は“他人”でなく、語り手の、もしかしたらキャラクターたちの心のうちにも入り込んでいるのかも? そんな不思議な感覚も心地よいご本です。

同人誌 図書館 司書 すっきりしたレイアウトで読みやすい

サークル情報

サークル名:BEKKO

Twitter:@821_oekaki

次回イベント参加予定:おもしろ同人誌バザール11@神保町


今週の余談

 描かれた2人は他人から知人になって、もしかしたらその先も? と妄想して、紹介された映画を全部見たなら、2人の気持ちにもっと近づけるかも……そんな楽しみ方もよさそうです!

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」