ニュース
» 2021年07月13日 21時00分 公開

「大人のマジ遊びだ……!」 岩城滉一が軽トラをカスタムするとこうなる めちゃくちゃかっこいい仕上がりに「新ジャンルSUV」の声(1/2 ページ)

こだわりがスゴイ軽トラカスタム。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 俳優の岩城滉一さんが5月28日、自身のYouTubeチャンネル「#51TV」を更新。手に入れた“軽トラ”をマジカスタムした様子を披露しました。

キャリー ノーマルの軽トラを岩城仕様にカスタム(#51TVより)
岩城滉一が軽トラを改造するとこうなります【ヤバすぎ】(YouTube/#51TV)

 岩城さんは、別荘での庭仕事などで使うための相棒としてスズキの軽トラ「スーパーキャリイ」を選択。昨今、軽トラのカスタム需要が高まっている中で、数ある軽トラの中でもバイクレースで昔から世話になっていたことから「スズキ」にこだわりつつ、やっと見つけた1台だそうです。

(前編)岩城滉一が軽トラ改造するってマジですか?(YouTube/#51TV)
(参考)仲良しのヒロミさんはダイハツ「ハイゼット トラック ジャンボ」を選択(YouTube/Hiromi factory チャンネル)

 まずフル装備の「一番いいやつ」を手に入れてカスタムする岩城仕様とは……。荷台に“ワンオフで作ってもらった”というロールバーを取り付けていきなりレーシーな見た目に変ぼうしていました。「バイクでも何でも積んでいける」と大満足です。内装もカーボンラッピングを施して渋くキメました。

キャリー 荷台にレーシーな見た目のロールバーを装着。ロングキャビンのスーパーキャリイ用がラインアップにはまだなかったため、その荷台長に沿ってビッタリ合うよう製作してもらったワンオフものとのこと

 続くはレカロ製の高級シートに換装。ロングキャビンのスーパーキャリイは「ほぼ直角のまま固定」な通常キャビン型のシートとは異なり、いくらかリクライニングできるシートを備え、室内快適性がいくらか良いことが売りです。しかしそれに留まらず、軽トラ最上級クラスの座り心地にしてしまおうという計画です。

 装着もVIP待遇。レカロ社からスタッフさんに来てもらい、カタログにはないというスーパーキャリイ用シートレールを特注し、プロの手によってレカロの高級シートをビシッと取り付け。軽トラにレカロの高級シートを取り付ける大人のカスタムに「贅沢そのもの」とうれしそう。これで「腰」にも優しい。

キャリー 運転席と助手席を、1脚16万円超とするレカロの高級シート(LX-F)に交換
キャリー (参考)キャリイ(通常キャビン)のシート(画像:スズキ)
キャリー (参考)リクライニングでき、いくらか余裕があるスーパーキャリイ(ロングキャビン)のシート(画像:スズキ)

 スペシャルな特注シートに腰を降ろして「やっぱりさすがにシート違うね」「とにかくシート、すごい楽」。冬場の寒さ対策にシートヒーター機能も付けました。趣味の射撃を楽しむため、自身(!)が経営する射撃場まで往復120キロを愛車で移動するという岩城さん。座り心地が劇的に向上したシートにニコニコです。

キャリー 長距離移動も気にならない

 オーダーメイドのKARO製モザイク柄フロアマットも敷いておしゃれさもアップ。荷台にもKAROマットを敷いて、テーブルとヨギボー(大型の高級ビーズクッション)を置き、沸かしたてのコーヒーを飲みながらレース観戦したいと今後のカスタムを語りました。「ホントに(軽トラなのに)高そうなクルマになっちゃったね」。

キャリー 次は荷台を快適に

 ファンからも「カッコいいけど真似できません」「遊び心満載ですね〜」「最高に格好良いっすわ」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」