ニュース
» 2021年07月14日 15時19分 公開

あの“脳波で動くネコミミ”がクラウドファンディングに登場 2012年の初代「necomimi」から9年ぶり復活(1/2 ページ)

懐かしい!

[ねとらぼ]

 “脳波で動くネコミミ”として2011年に発表され、2012年には商品化もされたあの「necomimi」が、クラウドファンディングで復活することが分かりました。7月14日14時から、Makuakeで応援購入プロジェクトがスタートしています

necomimi 脳波をキャッチして動きます

 necomimiはもともと、脳波などを使ったプロダクトやサービスを手掛けるニューロウェアが2011年に発表したもの(関連記事)。装着者の脳波を読み取って耳がピクピクと動く仕組みで、動画はたちまち世界中で話題に。その後2012年にはニューロスカイから実際に商品として販売もされました。

necomimi 装着したところ
necomimi 耳が寝ているのはリラックスしているとき

 今回のクラウドファンディングもニューロスカイによるもの。集中しているときは耳がピッと立つ、リラックスしているときは耳が寝る――といった具合に、装着者の脳の状態をネコミミが音と動きで表現。言葉を介さない、脳波を使ったコミュニケーションデバイスとして、またもちろん、かわいいネコミミ型アクセサリーとしても楽しむことが可能です。ちなみに令和版ではスピーカーが追加されており、動きに合わせてかわいいネコの声が出るようになっているとのこと。

necomimi 額にあてたセンサーが脳波をキャッチする仕組み
necomimi 使い方はいろいろ

 1台あたりの応援購入価格は1万4850円ですが、最大20%OFFで購入可能な「早割」(数量限定)コースも。今注文すれば商品は2021年9月には手元に届く予定です。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する