ニュース
» 2021年07月19日 23時15分 公開

整形男子・アレン、500万円の差し歯に新トラブル 担当医師の不手際に意気消沈「また高額な治療費がかかる」

差し歯の土台部分が非常に浅かったため、問題が起きやすくなっていたもよう。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 美容整形に約1億円を投じた“整形男子”として知られるアレンさんが、7月17日にブログを更新。500万円かけた差し歯に深刻なトラブルが発生した一件を巡り、歯科医たちから新たな問題点を指摘されたことを明かしています。

アレン 整形男子 差し歯 アレンさん(画像はアレンオフィシャルブログから)

 上下8本、全16本の歯を約500万円かけてジルコニアクラウンに入れ替えたアレンさん。6月上旬に食事をした際、「バキッ!」という音とともに鈍い痛みを感じ、前歯でかめない状態が数日間続いたといいます。

 痛みが引いた後も違和感が続いたため、歯科でレントゲンを撮ってもらったところ、「ジルコニアは硬いから割れないかわりに、逆に土台の自分の根本の歯に衝撃が来て、中で土台の歯が割れる事がある」と、歯の土台が割れている可能性を告げられたとのこと。アレンさんは「ブリッジ自体が難しくなる上に、入れていたジルコニアも、支えがないから再度入れられない事になるし、土台となる根本がなかったら、もはやジルコニアすら被せられない」と、自身の歯が“笑えない事態”に陥ったことに大打撃を受けた様子でコメントしていました。

アレン 整形男子 差し歯 トラブルが発生した部分(画像はアレンオフィシャルブログから)

 歯を巡る受難は終わらず、何軒かの医師を訪問したところ、新たな問題点まで浮上。16本の歯を入れ替えた際に形成した土台部分が大変浅かったといい、「土台が見えないけど土台はもちろん入れてもらってるよね?」「何でこれを執刀した医師はこんな浅く入れたんだろう」などと首をかしげられたといいます。

アレン 整形男子 差し歯 歯の土台部分の異常を捉えたレントゲン写真(画像はアレンオフィシャルブログから)

 「土台が浅ければ浅い程、支えが浅くなる訳ですから、トラブルが起きやすくなるのは当然です」と頭を抱えるアレンさん。担当した人を恨む気持ちは「一切ない」とした一方で、歯の施術を考えている人は医師をよく選んだ方がいいとも忠告。「後戻りができない治療になるので」「アレンのようなトラブルが起きてまた高額な治療費がかかる事もあるので」と、医師の腕前によって結果が大きく左右される恐ろしさに触れ、「ご自身がちゃんと見て調べて、納得されたところでやられるのがベスト」と断言していました。

関連キーワード

医者 | トラブル | ブログ | 歯医者 | 美容整形


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する