ニュース
» 2021年07月20日 12時00分 公開

ネコが羽化する「猫繭(ねこまゆ)」の飼い方を描いた漫画が衝撃のかわいさ 「昔は夏祭りで売ってた」架空の生物が大人気に(1/2 ページ)

猫繭が実在する世界線にいたかった……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 架空の生物「猫繭」の飼い方を昔の雑誌風に解説する漫画が、リアルな設定と演出で読者をぐいぐい引き込んできます。読めば読むほど猫繭を飼ってみたくなる。

アイキャッチ 地色まで茶けさせてシミを入れ、古い雑誌を演出
漫画をまとめて読む

 猫繭は文字通り繭玉のような猫で、正しく育てると普通の猫の姿へ「羽化」する夢のような存在。サイズは大ぶりなスシほどの大きさで、持ち方もスシをつまむように、やさしく手に取るのが推奨されています。

1P

 猫繭飼育で一番の難関は越冬。たいていの飼い主が夏休みに購入したのち、冬場の扱いを誤って羽化に失敗するといいます。

2P

 漫画では正しい越冬方法を詳細に紹介。「適度に余裕のある箱に米粉を敷いて収める」「空気穴を開けて、温度を極力一定に保つ」「ひげが抜け落ちたら“中”がちゃんと育ってる証」など、ていねいな指導がどんどん現実感を増していきます。

3P

 箱からニーニーと鳴く声が聞こえたら羽化の予兆。繭の背中あたりを自力で破り、中から小さな猫が現れます。ああ、できれば生で見てみたい。

4P 最後に1段広告が入るのも昔の雑誌っぽい。単行本化の際、イラストとかに差し替わるやつだ

 羽化した猫は、普通の子猫も同然に生活。数週間ほど活発に動くとその後はよく眠るようになり、2カ月もするとまた繭と化します。ていねいに飼えば、コロコロした繭形態と愛らしい子猫形態を何年も交互に愛でられるとか最高なんだけど、なんで実在しないの!

 漫画は「猫繭が実在したら多頭飼いする」「紙の質感や広告がリアルで本物の記事と錯覚した」「欄外に豆知識やクイズ欄が見えてきそう」などと好評を博しました。作者のメカルーツ(@turukame12)さんは、漫画『ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット』(原作:ホークマン)の作画担当。こちらでも、猫にモフモフされると猫になってしまう現象で人類が滅亡の危機と葛藤にさいなまれる、悩ましい世界を描いています(関連記事)。

作品提供:メカルーツ(@turukame12)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する