ニュース
» 2021年07月20日 13時00分 公開

「マツケンサンバにするしかない」 東京オリパラ開会式、小山田圭吾の辞任で“マツケン待望論”が噴出する

ええじゃないか精神。

[深戸進路,ねとらぼ]

 ミュージシャンの小山田圭吾さんが過去に引き起こしたいじめ問題で「東京2020オリンピック・パラリンピック」開会式の音楽担当を辞任。これを受けて、ネット上では「開会式はマツケンサンバにしよう!」「代役できるのはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTしかいない」など代役案が噴出しています。

小山田圭吾 いじめ 障がい者 東京オリンピック 音楽 辞任 Cornelius マツケンサンバ 東京オリパラ開会式の音楽担当を辞任した小山田圭吾さん(画像は「Cornelius」Instagramから)

 14日に東京オリパラの開会式音楽担当チームの1人に就任したことが発表された小山田さん。しかし、高校時代に障がいを持つクラスメイトへいじめ行為を行っていたことを自ら語る1990年代のインタビュー記事があらためて問題となり、16日には自身のTwitterで謝罪文を発表、19日には「私がご依頼をお受けしたことは、様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております」と辞任することを明らかにしました(関連記事)。

 開会式まで1週間を切ったタイミングでの辞任にネット上では代役案が噴出。中でも松平健さんの「マツケンサンバII」はTwitterでトレンド入りするなど絶大な支持を得ており、ユーザーからは「マツケンサンバでイイじゃん。みんな幸せじゃん」「ここから大逆転するには開会式をマツケンサンバにするしかない」「『開会式はマツケンサンバにしよう! 何もかも忘れて踊り狂おう!』という声が次々に上がるの、幕末のええじゃないか騒動に通じるものがあってマジJAPAN」など混迷を極める東京オリパラを救う“神曲”のように扱われています。眠りさえ忘れて踊り明かそう……。

小山田圭吾 いじめ 障がい者 東京オリンピック 音楽 辞任 Cornelius マツケンサンバ 松平健 マツケンサンバ待望論が噴出(画像はYouTubeから)

 その他にも、“ピンチを救う代役”が必要な状況からの連想で、ロックバンド「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」を推す声も続々。同バンドは、2003年6月27日放送のテレビ朝日系音楽番組「ミュージック・ステーション」で、当時世界的な人気を誇っていた女性音楽ユニット「t.A.T.u.」がパフォーマンスをドタキャンするという大事件が起きた際に、すでに出番を終えていたにもかかわらず代役として「ミッドナイト・クラクション・ベイビー」を披露。番組の窮地を救っています。同バンドはこの放送から間もなくして解散しているため、日本を救うヒーローとして再集結する絵が浮かんだ人が少なくなかったのかもしれません。

 また、ミュージシャンの岡崎体育さんは「岡崎体育といいます。体育です」とアーティスト名とオリパラを関連付け、「俺にやらせてくれ」と相当な重責を背負うことになる代役に自ら立候補。これにはファンも、「大至急作曲して組織委員会まで送りつけよ!」「この状況でいち早く手を挙げられる体育さんみたいな生き方清々しい」「体育っていうネームからしても五輪にピッタリやん」など盛り上がりを見せていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」