ニュース
» 2021年07月21日 19時00分 公開

「ここもかよ!」な再現ポイントありすぎ 国鉄急行の「懐かしさ」を感じるか、それとも「珍しさ」を感じるか月刊乗り鉄話題(2021年7月版) えちごトキめき鉄道「観光急行」(2)(1/2 ページ)

この夏、昭和の鉄道ファンに胸アツすぎる注目の列車がえちごトキめき鉄道に誕生。なぜ胸アツなのか、それは「ここもあそこも国鉄時代と同じ」だからです……。え? どういうこと?

[杉山淳一,ねとらぼ]

前回に戻る

 乗ってきました! 昭和の鉄道ファンに胸アツすぎる注目の列車、えちごトキめき鉄道の「急行列車」。前回は「スピリット・オブ・JNR」を感じる取り組みと若い平成世代のファンも感心を寄せている理由を解説しました。今回は国鉄時代を感じる「再現性」のこだわりっぷりをじっくり見ていきましょう。

えちごトキめき鉄道 観光急行 この色、懐かしい……えちごトキめき鉄道の「急行列車」

国鉄急行の「懐かしさ」「珍しさ」を感じられる各所のこだわりディテール

 「急行」も実は“懐かしい”列車種別です。

 大手私鉄の急行は乗車券のみで利用できます。しかし国鉄の急行は別に「急行料金」が必要でした。

 国鉄は1987年に分割民営化されてJR各社に移行しました。JRになっても急行料金制度は継続されました。ただし、国鉄時代の末期に「急行」は数を減らし、特急中心の列車編成になっていました。利用客が「特急」を好んだたため、あるいは、国鉄の増収策として急行を特急に格上げしたためです。

 急行列車には急行料金が必要でした。青春18きっぷも普通列車専用ですから急行には乗れません。ただし、前述した「ワイド周遊券」や「ミニ周遊券」は急行に乗れる特典がありました。しかも、出発駅から乗り放題エリアまでの往復も急行を利用できました。つまり、鉄道の旅に慣れた人ほど「急行」のヘビーユーザーだったわけです。

 えちごトキめき鉄道の急行電車は、その運賃制度を再現しました。急行電車に乗るには、乗車券の他に「急行券」が必要です。急行料金は500円。この値段も当時の料金に近いです。

えちごトキめき鉄道 観光急行 出発前の駅弁の立ち売り。駅前のホテルハイマートが直江津駅の駅弁も手掛けている

 ちなみに、直江津〜糸魚川で急行電車に乗る場合、運賃は大人900円、急行利用金が500円、合わせて1400円です。観光だけではなく、地元の方でもふだん使いで乗れる設定です。

 えちごトキめき鉄道では食事付きの観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」も運行しています。こちらは一人1万8000円のツアーです。これに比べると「観光急行」はとても手軽に「懐かしの急行電車の旅」ができてしまいます。

 観光急行は今のところ(2021年7月現在)全車自由席です。将来は指定席も設定されるかもしれません。そのときは指定席券が販売されるでしょう。この運賃体系も国鉄時代と同じです。乗り降り自由のきっぷ「ホリデーツアーパス(大人3000円)」を使うと、観光急行の自由席、妙高はねうまラインの特急「しらゆき」の自由席を利用できます。これもかつての「周遊券」の再現と言えそうです。

えちごトキめき鉄道 観光急行 名物駅弁は「さけめし」と「鱈めし」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」