ニュース
» 2021年07月22日 10時00分 公開

「は!? なんで?」えちごトキめき鉄道の独特なダイヤ 急行は「急いで行かない」の意味だった!?月刊乗り鉄話題(2021年7月版) えちごトキめき鉄道「急行列車」(3)(1/3 ページ)

えちごトキめき鉄道の「急行」には2つの意味があります。え? 「急いで行かない」なの……?

[杉山淳一,ねとらぼ]

前回に戻る

 乗ってきました! 昭和の鉄道ファンに胸アツすぎる注目の列車、えちごトキめき鉄道の「急行列車」。前回は国鉄時代を感じまくってしまう「ここもかよ!」と驚く再現性のこだわりっぷりをじっくり解説しました。最終回の今回は、「は!? なぜだ?」と思ってしまう独特なダイヤにも実は深〜い意味があることを解説します。

えちごトキめき鉄道 観光急行 独特なダイヤにも実は深い意味があったえちごトキめき鉄道の「急行列車」

独特なダイヤ、えちごトキめき鉄道の「急行」には2つの意味がある

 えちごトキめき鉄道の観光急行はダイヤもユニークです。

 観光急行1号・2号・3号は、各駅停車より所要時間が長くなっています。直江津〜糸魚川間、各駅停車は42分。しかし1号は54分、2号は49分、3号は48分と長くかかります。この3本は「急行」と言っても「急いで行かない」列車なのです。海が見える区間で徐行するほか、1号と3号は能生(のう)駅で時刻表に表記されない停車をします。

 これは「運転停車」といいます。本来は単線区間で反対方向の列車と行き違ったり、特急に追い越されたり、運転士が交代したり、という鉄道運行の都合で停まります。乗客の扱いをしないので時刻表には掲載されません。

えちごトキめき鉄道 観光急行 かつて「能生騒動」が起こった能生駅。この日は試運転ダイヤのため通過したが、実運行では「運転停車」する(撮り逃したので、この写真はあとから普通電車で撮影)

 観光急行は、この運転停車を能生駅で「再現」します。しかし、複線なので行き違いのためではなく、別の列車に追い越されるわけでもなく、運転士交代でもありません。ただ能生駅に「運転停車するためだけ」に停まるのです。

 その昔、国鉄時代の能生駅で「能生騒動」という事件がありました。

 まだ北陸本線が単線だったころ、能生駅で特急列車同士が行き違うために運転停車(乗客は乗り降りできない)が設定されました。これが国鉄の手違いで旅客扱いと誤って伝わってしまいました。地元は「我が町の駅に特急が停まるぞ!」と大喜び。「ミス能生コンテスト」を実施し、選ばれた女性が運転士に花束贈呈、駅では踊りを披露して歓迎しました。

 ところが列車のドアは開かずにそのまま発車していきました。「え……?」。地元の皆さんガッカリで大問題となりました。

 観光急行はこの能生騒動のエピソードにひっかけて能生に停まります。ただしえちごトキめき鉄道はガッカリさせません。プラットホームで地元有志の方がお菓子やお弁当を販売するなど、乗客との交流イベントが行われるそうです。

 観光急行「4号」は本物の「急いで行く」列車です。糸魚川〜直江津間を28分で走ります。各駅停車より14分も早く、かつて走っていた特急並みの速度。413系のモーターがギュイーンとフル回転します。そのスピードとモーター音を楽しむ列車です。

 このダイヤには急いで走る裏の事情もあって、臨時のイベント列車として、もう一度糸魚川を往復できるように早く戻っているそうです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」