ニュース
» 2021年07月27日 17時15分 公開

湯浅政明監督『犬王』がベネチア映画祭オリゾンティ部門にノミネート 「この作品はある種のロックオペラだ!」

古典芸能である能楽を湯浅監督らしいアプローチで描いたミュージカルアニメーション。公開は2022年初夏に。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 湯浅政明監督の劇場アニメーション映画『犬王』が、9月に開催される「第78回ヴェネチア国際映画祭」のオリゾンティ・コンペティション部門に選出されたことが分かりました。日本の長編2Dアニメーションが同部門に選出されるのは初。「この作品は14世紀の日本を舞台に、時代の潮流にあらがうユニバーサルなドラマ性を持ち合わせた、ある種のロックオペラだ!」と紹介されています。

犬王 湯浅政明 オリゾンティ・コンペティション部門 アヴちゃんと 森山未來 大友良英 室町時代に実在した能楽師・犬王。猿楽の一座に生まれた異形の子で、その顔はヒョウタンの面で隠されたという
犬王 湯浅政明 オリゾンティ・コンペティション部門 アヴちゃんと 森山未來 大友良英

 『四畳半神話大系』『夜明け告げるルーのうた』『DEVILMAN crybaby』『映像研には手を出すな!』『きみと、波にのれたら』など多くのアニメーション作品を世に送り出してきた湯浅監督。文化庁メディア芸術祭ではこれまでに4度の大賞受賞、海外でもアヌシー国際アニメーション映画祭などでの受賞歴を重ねる湯浅監督の最新作が『犬王』です。

 同作は、室町時代に実在した能楽師・犬王と、そのバディである盲目の琵琶法師・友魚の友情を描いたもので、古川日出男さんの『平家物語 犬王の巻』を原作に、古典芸能である能楽を湯浅監督らしいアプローチで描いたミュージカルアニメーション。

犬王 湯浅政明 オリゾンティ・コンペティション部門 アヴちゃんと 森山未來 大友良英 犬王のバディとなる盲目の琵琶法師・友魚

 キャラクター原案を漫画家の松本大洋さんが、脚本をドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で知られる野木亜紀子さんが手掛けることも話題ですが、犬王と友魚を演じるキャストには、ロックバンド「女王蜂」でボーカルを務めるアヴちゃんと、五輪開会式でのダンスパフォーマンスも話題を呼んだ森山未來さんの起用を発表。2人の共演は映画『モテキ』以来10年ぶりです。

犬王 湯浅政明 オリゾンティ・コンペティション部門 アヴちゃんと 森山未來 大友良英

 犬王役のアヴちゃんは『DEVILMAN crybaby』以来となる湯浅作品参加に、「普段女王として生きているわたしが、今回『王』として生きる機会を頂きました。『犬王』。まっすぐに、運命の映画だと言い切ることが出来ます。ああ! 来年をおたのしみに!」とコメント。『聖☆おにいさん』以来2度目のアニメ声優出演で、湯浅作品には初参加となる森山さんは、「琵琶法師、友魚として、これまたぶっ飛んだアヴちゃん演じる、艶やかな犬王に寄り添う。必然、ジェットコースターのような現場でした」とアフレコを振り返っています。

犬王 湯浅政明 オリゾンティ・コンペティション部門 アヴちゃんと 森山未來 大友良英犬王 湯浅政明 オリゾンティ・コンペティション部門 アヴちゃんと 森山未來 大友良英

 初解禁された特報では、湯浅監督らしい躍動感あふれるアニメーションで描かれた犬王と友魚の姿。「室町時代」や「能楽」といった既成概念を取り払うかのような音楽と映像表現のグルーヴ感が新鮮です。作品のキーとなる音楽には、「あまちゃん」「いだてん〜東京オリムピック噺〜」『花束みたいな恋をした』の大友良英さんの参加が明かされています。

『犬王』特報

 同作は、カンヌ、ベルリンと並び世界三大映画祭と称されるヴェネチア国際映画祭(会期:2021年9月1日〜11日)のオリゾンティ・コンペティション部門に選出。同部門は、先鋭的な映画を発掘し、世界の新しい潮流を紹介するために2004年に新設されたもので、日本の長編2Dアニメーションが選出されるのは初。他部門を含めても2013年の『風立ちぬ』(第70回ヴェネチア国際映画祭メインコンペティション部門選出)以来8年ぶり。フル3DCGアニメーションを含めると2016年の『GANTZ:O』(第73回ヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門選出)以来5年ぶりに日本の長編アニメーションが選出されたことになります。

犬王 湯浅政明 オリゾンティ・コンペティション部門 アヴちゃんと 森山未來 大友良英

 選出時に、「この作品は14世紀の日本を舞台に、時代の潮流にあらがうユニバーサルなドラマ性を持ち合わせた、ある種のロックオペラだ!」と紹介された同作。作品の上映時期も2022年初夏と発表され、同映画祭での上映がワールドプレミアとなります。

友魚(ともな)役:森山未來コメント

現存する能楽が確立される前なのだから自由な発想で演じられていい、という考えのもとに湯浅監督が生み出したぶっ飛び能楽アニメーション「犬王」。琵琶法師、友魚として、これまたぶっ飛んだアヴちゃん演じる、艶やかな犬王に寄り添う。必然、ジェットコースターのような現場でした。世界最古のミュージカルと言われる「能楽」の豊かな可能性を感じられる映画になっているのではないでしょうか。

音楽:大友良英コメント

正直に書きます。湯浅監督の具体的なのか抽象的なのかさっぱりわからない無茶苦茶な注文と、素人目には何が描かれているか皆目見当がつかないスケッチ段階の動画に翻弄されまくった3年間でした。でもただ翻弄され続けただけならとっくにやめてます。絵が立ち現れ歌や音ともに動き出した時の興奮と感動をいったい何度味わったことか。気づくと自分も「犬王」の世界にすっかり没入していました。とんでもない作品です。大傑作です!

監督:湯浅政明コメント

2人の物語が多くの人に知られると嬉しい。

室町時代にロックな演奏で歌唱で舞で、自分の生き方を貫き、宿命的な奈落から駆け上がって行った2人。映画は見てるだけで胸が熱く、あがるものになるはずです。オーパーツは至る所にあったはず。我々は多くの物語を知らなすぎる。彼らが認められ、称賛されることは、どの時代をも真直に生きる者達が報われる事だ。

(C)“INU-OH” Film Partners



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声