ニュース
» 2021年07月30日 20時05分 公開

前立腺がんの西郷輝彦、最先端治療の結果に激しく落胆 渡豪前よりPSA数値が200上昇し「動揺しています」

325から510へと推移。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 歌手で俳優の西郷輝彦さんが7月29日にYouTubeを更新。ステージ4の「去勢抵抗性前立腺がん」を治療すべく、オーストラリアへ渡ったものの、期待した成果が出ていないことにがくぜんとした様子を見せています。

 西郷さんは2011年に前立腺がんが判明し、全摘出手術を経験。2017年には再発しており、ホルモン治療をはじめ、11回もの放射線や抗がん剤治療を続けてきました。

 コロナ禍での自粛生活が影響したのか、PSA(前立腺特異抗原)の数値が急激に上昇したことを機に、シドニーでの最先端治療を決意。4月に家族総出で日本を発ち、5月には現地からYouTube動画を通じて現況を報告していました。

西郷輝彦 ステージ4 前立腺がん オーストラリア PSMA治療 PSA オーストラリアから病状を報告(画像はYouTubeから)

 オーストラリアでの隔離生活終了を明かしてから約2カ月後、西郷さんはどこか浮かない様子で音沙汰がない間に起こった出来事を説明。シドニーにある病院で、前立腺がんに有効だという「PSMA治療」を受けることとなり、あっさり終わった注射に驚きつつも「素晴らしい成果を見せてくれますように」と祈ったといいます。

三浦知良 三浦りょう太 トップコート 治療を始める西郷さん(画像はYouTubeから)

 快癒を願う思いとは裏腹に、治療を受けた後のPSA数値は下がるどころか、470から510へと上昇。日本にいたころは325だったことに加え、内蔵や白血球などはさしたる問題がない分、西郷さんのショックは大きかったとみえ、「治療したからこその高どまりともいえる」と一定の理解を示しつつ、明らかに落胆した表情で「3回しかない貴重な治療で1回目、せめて100か200は下がってくれなきゃ」「あと2回で下げることができるんだろうか」とふりしぼるように語っていました。

三浦知良 三浦りょう太 トップコート 治療結果にショックの表情(画像はYouTubeから)

 「激しく動揺しています」と現在の心模様を明かした西郷さん。今後の治療は座薬を併用することを明かし、コロナ禍の大変な状況でも自身をささえてくれる妻への感謝を口にしていました。

三浦知良 三浦りょう太 トップコート 西郷さんを支える家族たち(画像はYouTubeから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」