ニュース
» 2021年08月02日 20時10分 公開

二階堂ふみ、自身の“フェイクニュース”に悲痛の声 寄せられる攻撃的なメッセージに「とても辛い」(1/2 ページ)

記者には「前向きになれるような内容」の記事をお願いしていました。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 俳優の二階堂ふみさんが8月2日にInstagramのストーリーズを更新。自身を巡る最近のネット記事を“フェイクニュース”だとした上で、「とても辛い」「悲しい気持ちになる」と本音を明かしています。

二階堂ふみ フェイクニュース ネットニュース テレビドラマ「プロミス・シンデレラ」に主演する二階堂さん(画像は二階堂ふみInstagramから)

 7月放送のTBS系ドラマ「プロミス・シンデレラ」で主人公・桂木早梅役を演じている二階堂さん。ストーリーズの投稿では、撮影現場の模様に軽く触れつつ、「私の気持ちをお伝えしたいと思い投稿します」「とあるネットニュースが上がりました。いわゆる“フェイクニュース”です」と“全く身に覚えの無い事”や“完全に嘘の情報”を書き立てられたと主張しています。

二階堂ふみ フェイクニュース ネットニュース “フェイクニュース”に「とても辛いです」(画像は二階堂ふみInstagramから)

 二階堂さんは、根も葉もないという記事が出回ることに加え、書かれた内容を信じた人から攻撃的なメッセージが届くことに「正直に綴ると、とても辛いです」と心中を吐露。

 文章を手がけた記者に「もしかしたら間違いがあったのかもしれません」「嘘の情報が、記者の方に入ったのかもしれません」と一定程度の理解を示す一方、「誤った情報で誰も幸せにならない記事」ではなく「見る人が少しでもハッピーになるような内容や、前向きになれるような内容」を届けることはできないかとお願いしています。

 二階堂さんは記者だけでなく、自身を応援してくれる人にもメッセージを発信。「記者の方に批判が行く事や、誰かが傷ついてしまうこと」を望んでいるわけでは決してなく、言及している記事には誤りがあり、このような“フェイクニュース”が出るたびに悲しくなることを伝えたかったとし、今回の問題を「シェアする事で、一緒に考えていけたら」と自らの考えを明かしていました。

二階堂ふみ フェイクニュース ネットニュース 応援してくれるファンへのメッセージも投稿(画像は二階堂ふみInstagramから)

 二階堂さんは具体的な媒体名を明かしませんでしたが、一部メディアは8月1日に「プロミス・シンデレラ」の撮影現場を巡る記事を配信。

 “芸能ジャーナリスト”が執筆した当該記事では、二階堂さんが共演者である「三代目J SOUL BROTHERS」岩田剛典さんの腕や手に自分の手を重ねたり、体を預けるほど接近させたりしていたと伝えた他、「さりげなく岩田の肩を揉んであげたり、2人が肩を組む姿が何度となく目撃されている」という“芸能プロ関係者”の証言を紹介。2人の番宣ショットに「岩田のファンがザワついている」とコメントしていました。

二階堂ふみ フェイクニュース ネットニュース ある記事が注目した2ショット(画像は「プロミス・シンデレラ」公式Instagramから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」