「もったいない、自分でも分かっていた」 17歳でモー娘。卒業の絶対的エース鞘師里保、ソロデビューまで5年半かけた理由を聞いた(1/2 ページ)

モー娘。の絶対的エースが新しい1歩を踏み出します。

» 2021年08月16日 18時00分 公開
[小西菜穂ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 歌手の鞘師里保さんが8月4日にソロ歌手としてデビューEP「DAYBREAK」をリリース。モーニング娘。復活の立役者とされながら、17歳でグループを卒業してから5年半。いよいよソロ歌手として再スタートを切ります。

鞘師里保 モーニング娘。 モー娘。 卒業デビュー EP DAYBREAK インタビュー 鞘師里保さん(Photo by とろろ

 鞘師さんがモー娘。に9期メンバーとして加入したのは2011年。「Perfume」を輩出したアクターズスクール広島出身で、当時12歳ながら圧倒的なダンスセンスで存在感を放つと、加入2作目のシングル「Only you」からはメインボーカルに抜てき。瞬く間にセンターへ昇り詰めるも、2015年に17歳でグループ卒業を決断しファンを驚かせました。

 その後は芸能活動を休止し海外に留学。2020年にInstagramを開設し活動を本格的に再開するまで5年、ソロデビュー作リリースまでさらに1年以上。ファンから伝説のメンバーとして支持を得た存在がなぜこれだけの空白期間を要したのか、鞘師さん本人に話を聞きました。

鞘師里保 モーニング娘。 モー娘。 卒業デビュー EP DAYBREAK インタビュー 記者の目をじっと見て語る姿が印象的でした(Photo by とろろ

「もったいない」すごくいわれたし、自分でも分かっていた

 グループ在籍時代には「自分が引っ張っていかなきゃ」「歴史あるグループだから」と、よい意味で重圧を感じていたという鞘師さん。今は「この先続けられるかどうかは自分次第」とプレッシャーの質も変化し、2度目のデビューにワクワクした気持ちだそうです。

―― いよいよ音楽活動がスタートしました。卒業から5年半、帰国から2年掛かった理由は?

鞘師 一度自分をリセットしなきゃいけないと休業を決めたのが17歳のとき。これから大人になると考えたとき、いまの自分のまま大人になってはいけない、自分が変わらなくちゃもっといいビジョンは見えてこない、漠然とそう思ったんです。

 心の中でちゃんと区切りを付け、いまの自分は人に見られる仕事をしていないんだと自覚できるまで1、2年掛かりました。私にとってはその時間が必要で、そこから初めて物事をフラットに考えられるようになりました。これは経験してみないと共感いただけないかもしれませんが、そこから将来のことを考えて動くまであっという間に月日がたってしまい、気付けば5、6年という感じです。

―― 加入5年、17歳でのグループ卒業には「もったいない」という声もありました。

鞘師 そうですね、すごく言われましたし、私自身もその思いは理解できました。恵まれた環境でしたし、自分のしたいこともできていた。でも一生続けられることじゃない。そう思ったときが、環境の変え時なのかなと思って。

―― 思い切った決断をされたんですね。

鞘師 自分でいうのもおかしいですが、自分がたどってきた道は、型破りというか破天荒というか(笑)。振り返ると型にきっちりはまっているわけじゃないし、敷かれたレールの上を走ってきたわけでもない人生。だったらこのまま破天荒を貫いたっていいじゃんと。やりたいことは自分で選んでやってきたんだから。

―― 留学から帰国後は、演技の仕事に積極的でまた別の経験を積みました。こうした卒業後の経験を、作品作りにどう生かしたのでしょうか?

鞘師 自分がやりたいように行動してきたわりに、その意図や自分の思いを言葉にはしてこなかったと思ったんですよね(笑)。だから今度は、今まで私がどう考えて人生を選んできたのか、こういう考えの私がいま生きていることを作詞という形で言葉にすることで、聞いてくださっている方にはヒントになるんじゃないかと。私にとっても、自分自身を知るきっかけになりました。

鞘師里保 モーニング娘。 モー娘。 卒業デビュー EP DAYBREAK インタビュー 5月で23歳に(Photo by とろろ

鞘師そのままなんだな〜と感じられる作品になりました

 デビューLP「DAYBREAK」では、収録曲全てで作詞に挑戦(共作を含む)。曲作りの過程に初めて自ら携わったことで、作品への「愛情がすごいです!」「ありがたい、うれしいと思える状態を忘れずにやっていきたい」と言葉が示すように、インタビュー中には完成したばかりのサンプルCDを手に取り、うれしそうにほほ笑む場面も見られました。

鞘師里保 モーニング娘。 モー娘。 卒業デビュー EP DAYBREAK インタビュー ソロデビュー作に「愛情がすごいです!」(Photo by とろろ

―― ハロプロの後輩から憧れとして名前が挙がることもいまだに多く、ファンの間でもいまだにレジェンドとして語り継がれています。プレッシャーもあると思いますが、新しい作品はどういう自分を見てほしい?

鞘師 常に新しいものを届けたい気持ちが根底にあって、とはいえガッカリされるようなものを届けたくはないという(笑)、慎重派な私が自信を持って届けられるものを作りたかったです。当時とはスタイルも変わっているし、同じことはやっていない。矛盾するようだけど、大胆で慎重な“鞘師そのまま”なんだなと感じられる作品になりました。

―― 一方で声の感じや、歌い方のトーンが変わったという意見もあります。

鞘師 もともといろいろなタイプの歌を聞いて「こういう歌い方ができたらいいな」と自分で訓練していたんです。今回のLPではさまざまなジャンルの歌が歌えたので、その経験が生きたみたいです。

 レコーディング時の音源と、ライブパフォーマンス時の声が全然違うと自分では感じていて、なぜ違って聞こえるのか突き詰めて研究したことで音源が自然とライブに近づいて聞こえ方が変わったのかな。5、6年前から変えていったというよりは、より良くしていった結果としてこうなったんじゃないかと自分では思います。

―― 全体的にシティーポップ調など、懐かしさを感じる作品でした。海外でも注目されているジャンルですよね。

鞘師 正直、意図的に選んだわけではないです。私の作詞に音を付けてもらったり、ピンときて選んだ曲がたまたまだったり、もしかしたら私の趣味趣向なのかも。人に何かを届けるときって、ジャンルやターゲットを定めて挑むものだと思いますが、私の場合は「伝えたい」「やりたい」という気持ちで進んだらこういう形になったというか、“なってしまった”(笑)。いいやり方だったと思うんですけど、成り行きです。

鞘師里保 モーニング娘。 モー娘。 卒業デビュー EP DAYBREAK インタビュー Photo by とろろ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. /nl/articles/2407/14/news020.jpg 子どもが「エアコンつけたら咳が出る」と言うので掃除のプロを呼んだ結果…… 衝撃的な状態と結末に「言葉を失います」
  5. /nl/articles/2407/14/news046.jpg 「さすがワークマン」 6年前から“商品化”希望の声→発売された待望のアイテムに「ちょっと感動」
  6. /nl/articles/2407/14/news003.jpg 「せめて……」 有名中古品チェーンで1000円の商品購入→袋を開けて発覚した“衝撃の事実”に「変な声が出た」
  7. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  8. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  9. /nl/articles/2407/12/news075.jpg 【時間クイズ】「午後2時の9時間前」は何時?
  10. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」