ニュース
» 2021年09月01日 11時30分 公開

在宅勤務で栄養失調? 通勤がなくなる→運動しなくなる→お腹が空かなくなって死にかけた、というお話(1/2 ページ)

「在宅勤務で太る」の逆パターン。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事を伺う企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「在宅勤務が続いた結果、栄養失調で倒れてしまった」というお話を伺いました。

通勤がなくなる→体を動かさなくなる→食べなくなる



 コロナ禍による在宅勤務が続く現在、この体験談と似たような経験をする人も現れるのでは、と思っています。

 私はもともとイラストの受託制作やWebまわりの仕事が多く、在宅勤務が数年間続いたことがありました。

 午前7時ごろに起きて、PCでメールやニュースをチェック。そのまま仕事に移って、気付けば時間帯はお昼近く。「朝からほぼコーヒーしか口にしていないから何か食べなきゃ」と思いつつも、また気付くと夕方になっていて……というような毎日。結局、食べてもお菓子をつまむ程度で、0時過ぎまでPCの前に座っていました。

――― そのような“食べない生活”はどれくらい続いたのでしょうか?

 たぶん1年くらいだと思います。

 食に関心がないわけではないのですが、在宅勤務で通勤の必要がなく、体を動かしていなかったせいで、お腹が空く感覚が乏しくなっていたのかもしれません。また、コーヒーの食欲減退効果なども関係していると思います。あの頃はインスタントも含めると多いときで1日1リットルほど、水分だけでお腹がタプタプになるくらいコーヒーを飲んでいました。

 それでも、たまに風邪をひくくらいで、特に体に異常は感じませんでした。1日15時間以上、仕事できていましたね。

――― 食べなくても、意外と平気なものなんですねえ。

 ですが、こんな調子で生活していたら、ある段階から起きて仕事していられる時間が短くなっていって。最初は「疲れがたまってるかな? だったら早めに寝ればいいや」程度の感覚だったのですが、やがて8時間も起きていられなくなり、ついには目覚めても布団から立ち上がることができなくなりました。

 「あ、俺このまま死んじゃうかも」と思いましたが、血糖値が低いためか深く考えることもできませんでした。

――― その後、どうなりました?

 昼過ぎにトイレに這っていって、水を飲んで、PCで最低限の仕事をして、また布団まで這っていって、寝る。そういう生活を1週間繰り返して、7日目にようやく食べ物が買いに行けるまでに回復して、事なきを得ました。

 生活を改めることにしたのは半年後。懲りずにまた同じ状況に陥ってしまい、「これは本格的に死ぬ」と思ったのです。

 体が動かなくなってしまった原因は明らかに、食べていないこと。しかし食べるだけは難しいので、運動することにしました。

 最初はウォーキングだったと思います。それまで運動していなかったので少し動くだけでお腹が減り、食べられるようになりました。

 そこから徐々に強度を上げていってランニングに移行し、コース途中の公園に筋トレにちょうどいい遊具があったので、上半身も動かすように。また、体が欲するままに食事していたら1日5食以上とるようになり、筋力体力が大幅アップ。

 体重は2年ほどで56キロ→65キロまで増えました。太ったとも言われましたが、脂肪が余計につく感じではなかったですね。

――― 身長などにもよりますが、日本の成人男性の平均体重は70キロ程度らしいですね。

 現在は若干体脂肪が気になっているので、自分に合う運動や強度をいろいろ試しているところ。プロテインも少しですが取り入れつつ、食事量と運動量を調整しています。

 太るのも問題ですが、食べないのはもっとヤバいです。健康的に痩せるにしても、食べて運動。経験的にこれが正解だと思いますし、あれから10年以上たった今でも変わらない認識ですね。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/27/news056.jpg ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  2. /nl/articles/2206/26/news057.jpg 「これだけでそうとう電気代が下がるはず」 シャープ直伝“エアコンフィルターの掃除方法”がためになる
  3. /nl/articles/2206/27/news105.jpg 原日出子、夫・渡辺裕之さん急逝から2カ月弱の心境明かす 「7月に入ったら ボチボチお仕事も再開できるかな…」
  4. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  5. /nl/articles/2206/27/news110.jpg UTA、11年前に撮影の父・本木雅弘&母&弟のエモい3ショットに反響 「両親最強」「カッコ良すぎる全てが」
  6. /nl/articles/2206/27/news055.jpg 帰宅したら自作のシャア専用ザクがバラバラに壊れていて絶望 「ガンダムにやられた?」と悲しみの声集まる
  7. /nl/articles/2206/26/news006.jpg 「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
  8. /nl/articles/2206/24/news038.jpg 元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉、SODstarデビューの理由 さらけ出した今だから言える「完璧じゃない自分」
  9. /nl/articles/2206/20/news164.jpg 渡辺磨裕美、急逝した父・渡辺裕之さんとの2ショット 英語で決意つづる「私は自信をもって前に進みます」
  10. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」