在宅勤務で栄養失調? 通勤がなくなる→運動しなくなる→お腹が空かなくなって死にかけた、というお話(1/2 ページ)

「在宅勤務で太る」の逆パターン。

» 2021年09月01日 11時30分 公開
[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事を伺う企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「在宅勤務が続いた結果、栄養失調で倒れてしまった」というお話を伺いました。

通勤がなくなる→体を動かさなくなる→食べなくなる



 コロナ禍による在宅勤務が続く現在、この体験談と似たような経験をする人も現れるのでは、と思っています。

 私はもともとイラストの受託制作やWebまわりの仕事が多く、在宅勤務が数年間続いたことがありました。

 午前7時ごろに起きて、PCでメールやニュースをチェック。そのまま仕事に移って、気付けば時間帯はお昼近く。「朝からほぼコーヒーしか口にしていないから何か食べなきゃ」と思いつつも、また気付くと夕方になっていて……というような毎日。結局、食べてもお菓子をつまむ程度で、0時過ぎまでPCの前に座っていました。

――― そのような“食べない生活”はどれくらい続いたのでしょうか?

 たぶん1年くらいだと思います。

 食に関心がないわけではないのですが、在宅勤務で通勤の必要がなく、体を動かしていなかったせいで、お腹が空く感覚が乏しくなっていたのかもしれません。また、コーヒーの食欲減退効果なども関係していると思います。あの頃はインスタントも含めると多いときで1日1リットルほど、水分だけでお腹がタプタプになるくらいコーヒーを飲んでいました。

 それでも、たまに風邪をひくくらいで、特に体に異常は感じませんでした。1日15時間以上、仕事できていましたね。

――― 食べなくても、意外と平気なものなんですねえ。

 ですが、こんな調子で生活していたら、ある段階から起きて仕事していられる時間が短くなっていって。最初は「疲れがたまってるかな? だったら早めに寝ればいいや」程度の感覚だったのですが、やがて8時間も起きていられなくなり、ついには目覚めても布団から立ち上がることができなくなりました。

 「あ、俺このまま死んじゃうかも」と思いましたが、血糖値が低いためか深く考えることもできませんでした。

――― その後、どうなりました?

 昼過ぎにトイレに這っていって、水を飲んで、PCで最低限の仕事をして、また布団まで這っていって、寝る。そういう生活を1週間繰り返して、7日目にようやく食べ物が買いに行けるまでに回復して、事なきを得ました。

 生活を改めることにしたのは半年後。懲りずにまた同じ状況に陥ってしまい、「これは本格的に死ぬ」と思ったのです。

 体が動かなくなってしまった原因は明らかに、食べていないこと。しかし食べるだけは難しいので、運動することにしました。

 最初はウォーキングだったと思います。それまで運動していなかったので少し動くだけでお腹が減り、食べられるようになりました。

 そこから徐々に強度を上げていってランニングに移行し、コース途中の公園に筋トレにちょうどいい遊具があったので、上半身も動かすように。また、体が欲するままに食事していたら1日5食以上とるようになり、筋力体力が大幅アップ。

 体重は2年ほどで56キロ→65キロまで増えました。太ったとも言われましたが、脂肪が余計につく感じではなかったですね。

――― 身長などにもよりますが、日本の成人男性の平均体重は70キロ程度らしいですね。

 現在は若干体脂肪が気になっているので、自分に合う運動や強度をいろいろ試しているところ。プロテインも少しですが取り入れつつ、食事量と運動量を調整しています。

 太るのも問題ですが、食べないのはもっとヤバいです。健康的に痩せるにしても、食べて運動。経験的にこれが正解だと思いますし、あれから10年以上たった今でも変わらない認識ですね。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/04/news113.jpg フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. /nl/articles/2403/04/news031.jpg 弟を出産したママをお見舞い、1歳息子が見せたけなげな姿が500万再生 かみしめる下唇に「背中から抱きしめたい」「涙腺崩壊」
  3. /nl/articles/2403/04/news068.jpg 急に片耳がたれたワンコ、慌てて病院にいった結果…… 「こんな可愛い診断結果初めて見たよw」「笑っちゃった」と反響
  4. /nl/articles/2403/04/news086.jpg 明治のキャンディー「チェルシー」3月に終売 「販売を終了せざるを得ない状況」で53年の歴史に幕
  5. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  6. /nl/articles/2205/10/news146.jpg フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  7. /nl/articles/2403/04/news021.jpg 6歳娘「ママはどうしてパパと結婚したの?」 かわいい質問に隠された真意と軽快なトークに「人生何周目なん!?」「終始爆笑w」
  8. /nl/articles/2403/04/news096.jpg 辻希美、長女&長男の珍しい“年頃コンビ”ショット すっかり大人びた姿に感慨「16年前は想像も出来なかった」
  9. /nl/articles/2310/12/news116.jpg 1歳息子に付き合う柴犬、困惑しながらアンパンマンカーに乗り…… 優しい兄犬に「ワンコの表情w」「癒やされました」
  10. /nl/articles/2403/04/news016.jpg 眠る弟に膝枕する兄、カメラ目線で「し〜っ、だよ」と教えてくれた次の瞬間……! 衝撃の展開に「面白すぎる」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」