ニュース
» 2021年08月06日 18時00分 公開

「キネマの神様」菅田将暉が明かす、志村けんさんとの別れを乗り越え生まれた“使命感” 「何としてもやり切って公開を」(1/2 ページ)

「映画をちゃんとお客さんに見てもらおうっていうパワーで動いて」

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 2020年に設立100周年を迎えた松竹映画を記念し、日本映画界を代表する山田洋次監督がメガホンを取った映画「キネマの神様」が8月6日に公開されます。

 原田マハさんの同名小説を基にした同作は、映画撮影所で助監督を務めた経験のあるゴウを主人公とし、夢破れて別の道を歩んだ1人の人間が自分の作品と向き合う中で、忘れかけていた夢や思いを取り戻していく物語。

 菅田さんが「過去」の、沢田研二さんが「現代」のゴウ役を演じる他、ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎さんが撮影所仲間のテラシン役を、永野芽郁さんがゴウに恋する淑子役を務め、日本映画が黄金期を迎えていた約50年前の「過去」と、映画を巡る環境がコロナ禍で暗転する「現代」という2つの時間軸が交錯していきます。

菅田将暉 野田洋次郎 キネマの神様 山田洋次 永野芽郁 コロナ 志村けん RADWIMPS うたかた歌 「キネマの神様」ポスタービジュアル

 2020年3月にクランクインした同作ですが、「過去」のゴウを演じるはずだった志村けんさんの急逝、続く非常事態宣言による撮影中断、2度の公開延期を経験するなど、一時は完成が危ぶまれるほどの困難に直面。製作現場を襲った厳しいコロナ禍で、菅田さんはどのように作品へと向き合っていったのか、また、自身の中で「キネマの神様」という作品はどのような意味を持つようになったのかをうかがいました。

菅田将暉 野田洋次郎 キネマの神様 山田洋次 永野芽郁 コロナ 志村けん RADWIMPS うたかた歌 若き日のゴウを演じた菅田将暉さん

「人と人の触れ合いにすごく敏感」山田監督へのイメージ

―― 菅田さんにとって山田組初参加ですが、山田洋次監督にはどのような印象をお持ちでしたか?

菅田将暉(以下、菅田) 一言でいって「偉人」ですよね。“山田洋次”という1個のジャンルがあって、その周囲には人にいっぱい迷惑をかけるんだけど、どこか憎めないタイプの人たちがいて。

 「映画の教科書に出てくる人」「いつの間にか知っている存在」、そんなイメージです。

―― 近くで接してみて気付いた、山田監督の魅力はありますか?

菅田 演出などからうかがえることとして、「人情味」といった部分の捉え方がすごくピュア。人との触れ合いにおいてすごく敏感な方なんですよね。

 ゴウとテラシンがケンカするシーンに入る前、「菅田くん、ひとつ相談がある」と切り出されて。「監督が僕に相談なんかあるんだ?」と思っていたら、「テラシンがゴウを殴るシーンがある」「僕は迷っている。今まで人を殴るシーンを撮ったことがない」って言うんです。

―― 90作近く撮り続けて、ですか?

菅田 「もみ合ったり、押したりするシーンはやってきた」「でも、いわゆるアクション的な人を殴るシーンはこれまでないから、どう撮っていいか分かんないんだ」って。「人はそう簡単に相手を殴らないから」と説明されて、「なるほどな……」って感じました。

 キレイに殴られてもおかしいので、野田(洋次郎)さんとも相談して考えた結果、お互いもみくちゃになりながら「出ていけ!」と怒鳴られる展開に収まりました。

―― 淑子とのシーンではいかがでしたか?

菅田 淑子が雨の降る中、外へ出ていこうとするゴウを引き留めるシーンでは、脚本に「口づけを交わす」と書いてあったんです。でも、脚本を手掛けているはずの山田監督は結局、キスする2人に寄らない、見せないようにしか撮らない。それどころか、キスシーンに後で触れたとき、ドギマギしてたりするんですよね。

菅田将暉 野田洋次郎 キネマの神様 山田洋次 永野芽郁 コロナ 志村けん RADWIMPS うたかた歌

 先ほど話した「男と女が触れあう」「男と男が触れあう」「人と人が触れあう」という部分に敏感で、おびえたり怖がったりする感情がいまだにすごくある方なんだなと感じました。そこが「山田作品」のひとつのイメージで、山田監督独自の感覚からこうした一個一個のシーンが出来上がっていくんだなって。

志村けんさんは「才能がきちんと世に認められたゴウ」

―― もともと「現代のゴウ」を演じることになっていたのは志村けんさんでした。志村さんにまつわるエピソードがあれば教えてください。

菅田 志村さんは「スーパーコメディアン」で、僕たち世代を「バカ殿」などでたくさん笑わせてきた一方、バラエティーに出たときってすごく色気があって、慕っている人たちもいっぱいいました。それこそ“才能がきちんと世の中の人に伝わったゴウ”というイメージでしたね。

 本読みの際に一回お会いさせていただいたんですが、そのときの志村さんはすごく静かでじいっと周りの空気を見ていて、でも一言つぶやくとみんな大爆笑するような人。僕と誕生日が1日違いだった上、本読みの日もたまたま誕生日付近だったので、好きだというお酒をプレゼントさせてもらって。そのときにニコッと笑ってくれて、「一緒にこれ飲みたいね」と言ってくれたのが最後となりました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」