ニュース
» 2021年08月10日 20時00分 公開

ペットに憧れ“お掃除ロボ”を飼い始めた! 男の変な趣味についてのほのぼの漫画が目の覚める急展開で人気(1/2 ページ)

ペット用アカウントのノリで機械を愛でるのも楽しそうではある。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 SNSの「ペット専用アカウント」に憧れて、愛用のロボット掃除機でやってみた! ほんのり狂気が香るほのぼの漫画が人気です。作者は漫画家のかもがわ圭(@HN331945)さん(関連記事)。

アイキャッチ1 SNSでよくある「うちの子紹介」アカウントを、動物でなくお掃除ロボで

 舞台は先輩後輩が社食でとったランチタイム。発端は「最近買って良かったものは?」という日常会話でした。

アイキャッチ2

 後輩がコードレス掃除機を挙げると、先輩はロボット掃除機「ルバン」にハマっているのだと近況を語ります。愛着が湧いて猫のように「ミケ」と名付けるほどで、「うちの子自慢」的なノリで、スマホで写真まで披露しました。

アイキャッチ3

 先輩が見せた画面には、「上目遣いで主人をにらんでくるミケ」との文と共に、ロボット掃除機の写真が添付されたSNS投稿が。「バズりまくる猫アカウント」をやってみたいものの、そんな不純な動機で生き物は飼えないからと、「ルバンアカウント」を作ったというのです。

アイキャッチ4

 突然のすっとんきょうな発言に、後輩は「疲れとるんかな」と心配しますが、本人はすこぶる好調の様子。ミケのじゃまにならないよう、電源コードの配線を可能な限り排除したおかげで、部屋はきれいになるわ、コードレスの徹底ですっきりして気分が良くなるわ、QOLが上がりまくりです。

アイキャッチ5
アイキャッチ6

 そんな和やかなお昼休みもいよいよ終わりの時間。ところが、2人は気持ち良く午後の仕事へ……とはならず、漫画は「電源コード」にまつわる急展開を見せて終わります。「『ほっこり』から『ゾワっと』に変わる最高に好きなやつだった…」「ロボット掃除機に名前つけるのうちもやわー、とあるある的な感覚で読んでたら、まさかの展開でビックリした」と読者に衝撃を与えた結末は、ぜひ本編でご覧ください。

アイキャッチ7

作品提供:かもがわ圭(@HN331945)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」