ニュース
» 2021年08月06日 17時45分 公開

米人気セレブたちが続々ワクチン接種の重要性を呼びかけ 「自身のモラルやプロとしての義務」「ワクチン接種が最善」(1/2 ページ)

反マスクや反ワクチンのデモも未だ多い米国。

[城川まちね,ねとらぼ]

 世界各国でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の変異種であるデルタ株が猛威を振るい、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)によれば国内で61万以上が命を落としている米国。マスク着用義務への反対デモや反ワクチン、陰謀論が飛び交うことによる公共衛生への危険を感じるセレブたちが、ワクチン接種を促す発言をしています。

ジェニファー・アニストン ワクチン 9月号の表紙を飾ったインタビューで(画像はジェニファー・アニストンのInstagramから)

 

 米俳優のジェニファー・アニストンは米InStyle誌のインタビューで撮影現場ではワクチンを未接種、または受けたかどうかという情報を与えることを拒否するスタッフが去っているという事実を告白。COVID-19のワクチン接種を拒否する人々へ向け「まだ反ワクチン派や、事実に耳を貸そうとしない人々がいる。本当に残念なことです」と語りました。

 続けて「毎週のルーティンとして、ワクチン接種を拒否したか、“ワクチンを受けたかどうか”開示しない人々を失い、遺憾です。私たちみんなが毎日テストを受けるわけではないし、情報を提供することは自身のモラルやプロとしての義務だと思います」と強調。「それぞれ個々の意見を持つ権利があり、扱いにくい事柄」としつつ、「しかし多くの意見は恐れやプロパガンダ以外のものに基づいてるとは思えません」と自身の見解を述べました。

 アニストンが出演するApple TV+のドラマ「ザ・モーニングショー」は2020年の始めから撮影が開始され、感染症の広がりを受け中断するなど影響を受けていました。また日本ではU-NEXTで5月31日から配信された、自身の出世作である米ドラマ「フレンズ」のメンバーが再集結する「フレンズ:ザ・リユニオン」など、感染症対策を必要とするなかで撮影に及んだ俳優の1人でした。

アリアナ・グランデ ワクチン マスク姿を投稿(画像はアリアナ・グランデのInstagramから)

 また、米歌手のアリアナ・グランデも1日(現地時間)、SNSでマスクを着用した画像とともに長文でワクチン接種を呼びかけています。「事態はまだ収束していません! マスクを着用しつつ躊躇している、あるいは興味を持っているみんなのことをできたら助けたいと思っていて、情報をシェアしたいのです」と、ワクチン接種が進んでいない地域での感染が広がっていることを伝えながら、情報を得られる医療関係のアカウントを紹介しました。

オリヴィア・ロドリゴ ワクチン バイデン米大統領とオリヴィア(画像はオリヴィア・ロドリゴのInstagramから)

 さらに、米俳優で歌手のオリヴィア・ロドリゴは7月、バイデン米大統領の若者へワクチン接種を呼び掛ける手助けを求める声に応じ、ホワイトハウスを訪れました。

 18歳らしいピンク色のシャネル製ツイードスーツに身を包み、ホワイトハウスを訪れたオリヴィアは、自身のSNSにもバイデン大統領との2ショット写真を投稿。「今日ホワイトハウスを訪れ、大統領とワクチン接種の重要性について話すことができ、とても光栄です。若くても、免疫不全ではなくても、あなたの健康とあなたの愛する人の健康のためにはワクチン接種が最善です」と同世代の若者へ向け呼びかけました。若者に絶大な人気のあるオリヴィアは今後もSNSなどを通じてワクチンに関する情報を広めていくとのこと。若年層でのワクチン接種拡大に期待が寄せられています。

 米国でも一度は解除されたマスク着用義務が再び課されるなど人々のストレスとなる動きがあるなか、セレブたちがワクチンを接種する姿を公開するなど積極的に情報を提供してくれることは、少なからず人々の不安を取り除いてくれるかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声