ニュース
» 2021年08月06日 21時50分 公開

元「Raphael」のyuki、ステージ1の喉頭がんを発症 毎週5日間続く放射線治療の開始に「意地でも克復します」(1/2 ページ)

10月には結果が見えてくる、とも。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 4人組ロックバンド「Raphael」のボーカルだったyukiこと櫻井有紀さんが8月6日にTwitterを更新。ステージ1の喉頭がんに対処すべく、放射線治療の開始を報告しています。

櫻井有紀 Raphael rice 喉頭がん 放射線治療に挑戦する櫻井さん(画像は「rice」公式Instagramから)

 櫻井さんは7月21日にブログを更新し、喉の不調を訴えて生検手術を受けたところ、喉頭がんだったと告白。2019年末に声のかすれが引き起こされる病「声帯白板症」を患って以来、「幾度もLIVEや日常生活の中で歯痒い思い」をしてきただけに、がんだと受け止める覚悟もできていたとみえ「今は吹っ切れたと言いますか、割と気持ちが落ち着いています」と正直な思いを吐露しています。

 「ゴールデンボンバー」の歌広場淳さんやソロシンガーのKayaさんはじめ、多くの音楽仲間から応援コメントが寄せられ、復帰への思いを強くした櫻井さん。7月末にはMRIや内視鏡など全身の検査を受け、8月4日にはステージ1にして転移なしの状態だったと明かし、「放射線治療を主軸に自分が納得のいく治療方を選択して取り組んで行こうと思います」「負けないぞー!!」と闘病への意欲を新たにしています。

 2日後の6日には、10日から放射線治療に入ると報告。月曜から金曜までの5日間、毎週続けられるとのことで、順調にいけば10月には結果が見えてくるとコメント。「この先も皆に聴いて欲しい歌があるから皆に贈りたい言葉と旋律が溢れてるから意地でも克復します」と、全快への並々ならぬ思いをつづっていました。

 櫻井さんは1997年に「Raphael」を結成。2回の活動休止を経て2016年11月にバンド解散となった後は、ドラムのHIROさんと「rice」を結成した他、ソロでの音楽活動も行っています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」