ニュース
» 2021年08月08日 21時00分 公開

ハイテンションかと思いきや“めちゃくちゃ理性的”な復讐映画 「プロミシング・ヤング・ウーマン」を漫画でレビュー(1/2 ページ)

ポップでキュートな映画が描き出す「現実」とは?

[直江あき,ねとらぼ]

 2021年アカデミー賞で脚本賞を受賞した映画「プロミシング・ヤング・ウーマン」。一見「ポップで痛快な復讐ムービー」に見えるこの作品が描き出す、女性が置かれる「現実」をライターが解説します。

プロミシング・ヤング・ウーマン 今回は「プロミシング・ヤング・ウーマン」をレビューします

ポップな映像に反した現実的な作品

プロミシング・ヤング・ウーマン
プロミシング・ヤング・ウーマン
プロミシング・ヤング・ウーマン

 キャリー・マリガンが演じる主人公・キャシーは、夜な夜なバーで泥酔したフリをします。ほとんど意識がないようにみえる彼女を、男たちは自分の家に持ち帰ります。その後、彼女は自分がシラフだと明かし、自分に手を出そうとした男に制裁を加える……! というのが予告編で描かれる物語の導入部分です。

プロミシング・ヤング・ウーマン
プロミシング・ヤング・ウーマン
プロミシング・ヤング・ウーマン
プロミシング・ヤング・ウーマン

 男性を制裁する奇抜な女性の姿、スリリングな音楽……ポップでかわいいテイストの予告や宣伝をみて、女子向けキューティ映画が大好きな筆者の期待は高まるばかり。製作には「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」のマーゴット・ロビーが携わっていることもあり、これは女友達と一緒にキャッキャと盛り上がろう! と観に行ったところ……。待ち受けていたのは過酷な現実を描いた作品でした。

トラウマからの脱却

プロミシング・ヤング・ウーマン
プロミシング・ヤング・ウーマン
プロミシング・ヤング・ウーマン

 キャシーが「制裁」を始めたのは、7年前に起こった事件が原因。同じ大学の医学部に通っていた友人が、同級生の男子からレイプを受けたにもかかわらず、裁判では男子学生は有罪と認められず、加害者は何の処罰も受けませんでした。友人が亡くなってしまい立ち直れなくなったキャリーは、事件に立ち会えなかった自らへの贖罪として、夜な夜な自分をレイプしようとする男たちに制裁を加えるようになります。

 キャシーの行う「制裁」がどんな内容なのかは作中では明示されていませんが、好きでもない男性からの身体への接触を伴いながら行う復讐は、まるでキャシーの自傷行為に見え、痛快には感じられませんでした。

 そんなとき、カフェで働いているキャシーのもとに大学時代の同級生が現れます。彼によると、友人の事件に関わった人たちは今でも順調に人生を送っているようで……。キャシーは事件に関わった人々への復讐を誓います。

プロミシング・ヤング・ウーマン
プロミシング・ヤング・ウーマン

 本作について、監督は「これは、キャシーが語るべき物語だから」という言葉を寄せています。心理学者のマーティン・A・コンウェイによると、自己の物語は「予期と矛盾しない整合性」と、「現実から離れないリアリティ」という2つの条件をなるべく両立するように紡がれていくそうです。そして、この2つの条件を両立できない記憶が、トラウマ記憶と呼ばれます。

 自暴自棄とも言える制裁の毎日を送っていたキャシーにとって、事件の加害者たちへの直接的な復讐は、彼女自身の物語の真理性を回復し、トラウマから脱却するための行為だったのではないでしょうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響