ニュース
» 2021年09月28日 11時30分 公開

【学校でトラブった体験談】鏡を見たら顔の半分が青紫色に 10年たった今でも忘れられない小学校時代のいじめ(1/2 ページ)

当たり前だけど、他人は殴らない方が良い。

[ねとらぼ]

 「学校は机に座って勉強するだけの場所ではない」とよく言われますが、それゆえにさまざまな事故やトラブルも起こりうるもの。ねとらぼ読者からそんな体験談を伺う本企画、今回は10年ほどたった今でも忘れられないという小学校時代のいじめのお話。

「保健室に運び込まれ、鏡を見ると顔が半分青紫色に」

 小学生のころは図書委員で、同じクラスの児童を整列させ図書室まで連れていく役割をしていました。しかし、当時の私はよくいじめやトラブルにあっていたこともあって、その日は誰も言うことを聞いてくれませんでした。

 10分以上かかったかと思うのですがようやくクラスメイトたちが歩き始めると、私がその場を仕切っていることが気にいらなかったのでしょう、同級生2人が私を囲んで「お前なめてんの?」「調子乗ってんじゃねーよ」と壁ドンしたり、蹴ったりしてきました。

 当時の私は負けず嫌いで、そのとき煽り返してしまったのでしょう。さらに、クラスの中でもずばぬけて力の強い同級生が「ふざけんじゃねーよ」と大声をあげて殴りかかってきて、私の頬に右ストレートが直撃しました。

 感じたことのない痛み、しびれ、熱。鼻から流れ落ちる血の量は次第に増えていき、あたりの廊下は半径3メートルほど赤く染まっていたかと思います。そのときの、私に暴力を振るった同級生たちの「ウゲッ」とひいた声と顔は今でも覚えています。

―― 暴力にどういう可能性があるか、あまり分かっていなかったのかもしれませんね。

 私は保健室に運び込まれ、鏡を見ると顔が半分青紫色になっていました。しばらく氷袋で冷やしていましたが、そのあいだも尋常ではない痛みが走っていて。骨折はしていなかったようですが、勉強どころの状態ではなかったので、正直、帰らせてほしかったですね。

―― その後、どうなりましたか?

 先生との話し合い(事情聴取)などに発展し、同級生の親子が私の家まで謝罪に来たのは覚えています。ただ、同級生たちが反省したような顔を見せるのは先生や親御さんの前で謝るとき、問いただされるときだけ。関係性は悪いままで、暴力や陰湿ないじめが続きました。

 救いといえば、中学では彼らと別の学校になったことでしょう。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる