ニュース
» 2021年08月17日 22時00分 公開

雨上がり決死隊、コンビ解散を発表 決裂の引き金は宮迫博之のYouTube活動 「複雑な思いがずっと続いていました」

冠番組「アメトーーク!」はコンビ解散後も続行予定。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」(以下、「雨上がり」)の宮迫博之さんと蛍原徹さんが8月17日、ネット番組「アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会」に緊急出演。32年間にわたって活動してきたコンビを本日限りで解散すると発表しています。

 1989年に結成され、冠番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)を中心に活躍してきた「雨上がり」。しかし、宮迫さんが2019年6月、反社会勢力の忘年会へ闇営業を行っていたことが発覚し、7月に所属先の吉本から契約解消された後、コンビでの活動は消滅。

 宮迫さんが2020年1月にYouTuberとして再始動する一方で、蛍原さんは引き続き「アメトーーク!」にMCとして出演しており、2020年8月に2人だけで話し合いがもたれたものの、本格的な活動再開には至らないままとなっていました。

 この日の番組冒頭では、2人ががらんとしたスタジオに登場。宮迫さんが「どんな顔して出てきたらええのかな……」と約2年ぶりの「アメトーーク!」出演に困惑した顔をのぞかせつつ、一連の闇営業騒動で迷惑をかけた人々にまず頭を下げて謝罪。けじめをつける相方を横で見ていた蛍原さんもあらまった口調で、「本日をもちましてコンビを解散いたします! お世話になりました!」と視聴者に報告していました。

雨上がり決死隊 宮迫博之 蛍原徹 解散 アメトーーク! 解散を報告し頭を下げる2人(画像はYouTubeから)

 蛍原さんは解散報告後、現在に至るいきさつを説明。最初のうちは2人そろっての復帰を願っていたものの、相方がYouTuber活動を始めたことをきっかけに「宮迫さんへの気持ちにちょっとずつズレが生じてきた」と、コンビ間に隙間風が吹き始めたとしています。自分へ事前相談せずに単独活動を始めた相方に「複雑な思いがずっと続いていました」と心中の赤裸々な思いをぶつけていました。

雨上がり決死隊 宮迫博之 蛍原徹 解散 アメトーーク! 宮迫さんのYouTube動画第1弾(画像はYouTubeから)

 後輩芸人が宮迫さんのYouTubeチャンネルに出演する際、事前にわざわざ報告されることも「苦しいな、しんどいな」と感じていたとし、「もしかしたら『雨上がり決死隊』という屋号を外してしまった方がみんなすっきりと進むんじゃないかな」という考えを抱くようになり、2021年4月に行った会談で解散を切り出したといいます。

雨上がり決死隊 宮迫博之 蛍原徹 解散 アメトーーク! 絞り出すように自分の思いを語る蛍原さん(画像はYouTubeから)

 宮迫さんも、親より長い時間を過ごしてきた蛍原さんにちゃんと話をしてこなかったことに言及し、「僕の至らなさがやっぱりそういうズレを生んでしまった」「僕のミス」と深く反省。自分抜きの「アメトーーク!」を視聴するたび、苦しそうな顔を時折のぞかせる相方を見てきたといい、「これ以上迷惑とつらさを強いるのは違うのかな……」という思いから解散の話を受け入れたそうです。

雨上がり決死隊 宮迫博之 蛍原徹 解散 アメトーーク! 絞り出すように自分の思いを語る蛍原さん(画像はYouTubeから)

 2人は互いの関係を「ケンカ別れ」ではなく、、“嫌いではないけど一緒には住めない”「熟年離婚」であると明言。どこか晴れ晴れとした様子で視聴者に理解を求めていました。

 「アメトーーク!」は、体制変更せずこのまま継続するといい、番組名も「現時点ではこのまま」とのこと。蛍原さんは「僕だけ残るっていうのはあまりにも都合がよすぎる」という理由から、番組降板を再三申し出ていましたが、「『アメトーーク!』は若手芸人が目指す場所」「番組をなくすのは違う」という相方の粘り強い説得を最後には受け入れたそうです。

雨上がり決死隊 宮迫博之 蛍原徹 解散 アメトーーク! 晴れ晴れとした様子で報告を終了(画像はYouTubeから)

 コンビ解散のニュースは他の芸人にも衝撃を与えており、「NON STYLE」の井上裕介さんがTwitterで「どこかで、嘘であってくれ!! まだ、決定ではないからと思っていたが。う〜ん。残念で仕方がないな」と落胆。

 「中川家」の剛さんはラジオ番組「中川家 ザ・ラジオショー」(ニッポン放送)で「気持ちがだいぶ下がった。解散することあったんかな? 現状維持でよかったと思うんやけど」「32年ですよ?」とコメント。相方の礼二さんも、蛍原さんから解散の予定を知らされたと明かし、「ショックやな」とこぼしていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声