ニュース
» 2021年08月20日 19時50分 公開

「まぁーるくおさめまっせ」の笑福亭仁鶴さん、骨髄異形成症候群で逝去 追悼コメント相次ぐ「悔しくて仕方がない」「泣いてます」(1/2 ページ)

ご冥福をお祈りします。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 落語家でタレントの笑福亭仁鶴さんが8月17日、骨髄異形成症候群のために84歳で逝去。所属事務所の吉本興業が20日に公式サイトを通じて報告しています。

吉本興業 笑福亭仁鶴 骨髄異形成症候群 笑福亭仁鶴さん

 仁鶴さんは1962年に初舞台を踏んだ後、深夜ラジオ番組「オーサカ・オールナイト夜明けまでご一緒に」(ラジオ大阪)、「ABCヤングリクエスト」(朝日放送ラジオ)に出演。「どんなんかな〜」「うれしかるかる」などの有名ギャグを連発し、若者層の人気を獲得しました。

 1969年から「ヤングおー!おー!」(毎日放送)の初代司会者を、1985年から「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせ〜」のせりふが有名な「バラエティー生活笑百科」(NHK総合)の司会を歴任。“視聴率を5%上げる男”としてお茶の間の有名人となったものの、妻で吉本新喜劇の座員であった岡本隆子さんが2017年6月に逝去した前後から体調を崩し、「生活笑百科」の出演を見合わせる状態が続いていました。

 吉本は、上方落語の存在を世に広め、自社タレントが活躍する場を広げた故人の業績をしのび、「現在の弊社の礎を築いた『中興の祖』でありました」とコメント。

 また、「NON STYLE」の井上裕介さんが「元気に番組に戻って来られると信じていたので、それが叶わなかった事が残念で悔しくて仕方がない」、お笑いタレントの間寛平さんが「すごく淋しいです、今までいろいろお世話になりました、泣いてます」とツイートするなど、縁の深かったタレントたちが追悼の言葉を寄せています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響