ニュース
» 2021年08月20日 19時50分 公開

「まぁーるくおさめまっせ」の笑福亭仁鶴さん、骨髄異形成症候群で逝去 追悼コメント相次ぐ「悔しくて仕方がない」「泣いてます」(1/2 ページ)

ご冥福をお祈りします。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 落語家でタレントの笑福亭仁鶴さんが8月17日、骨髄異形成症候群のために84歳で逝去。所属事務所の吉本興業が20日に公式サイトを通じて報告しています。

吉本興業 笑福亭仁鶴 骨髄異形成症候群 笑福亭仁鶴さん

 仁鶴さんは1962年に初舞台を踏んだ後、深夜ラジオ番組「オーサカ・オールナイト夜明けまでご一緒に」(ラジオ大阪)、「ABCヤングリクエスト」(朝日放送ラジオ)に出演。「どんなんかな〜」「うれしかるかる」などの有名ギャグを連発し、若者層の人気を獲得しました。

 1969年から「ヤングおー!おー!」(毎日放送)の初代司会者を、1985年から「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせ〜」のせりふが有名な「バラエティー生活笑百科」(NHK総合)の司会を歴任。“視聴率を5%上げる男”としてお茶の間の有名人となったものの、妻で吉本新喜劇の座員であった岡本隆子さんが2017年6月に逝去した前後から体調を崩し、「生活笑百科」の出演を見合わせる状態が続いていました。

 吉本は、上方落語の存在を世に広め、自社タレントが活躍する場を広げた故人の業績をしのび、「現在の弊社の礎を築いた『中興の祖』でありました」とコメント。

 また、「NON STYLE」の井上裕介さんが「元気に番組に戻って来られると信じていたので、それが叶わなかった事が残念で悔しくて仕方がない」、お笑いタレントの間寛平さんが「すごく淋しいです、今までいろいろお世話になりました、泣いてます」とツイートするなど、縁の深かったタレントたちが追悼の言葉を寄せています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」