ニュース
» 2021年08月25日 17時35分 公開

「ピンク・レディー」未唯mie、デビュー45周年を「ペッパー警部」ジャケで祝福 当時は多忙で“ギリギリセーフ”(1/2 ページ)

「車では時間が読めない」からだといいます。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 アイドルデュオ「ピンク・レディー」の未唯mieさんが8月25日にInstagramを更新。1976年に発売された楽曲「ペッパー警部」のジャケット写真とともにデビュー45周年をお祝いし、当時の尋常ではない多忙ぶりを明かしています。

ピンク・レディー 未唯mie 増田恵子 デビューシングルとなった「ペッパー警部」(画像は未唯mie Instagramから)

 1976年8月25日に「ペッパー警部」で、増田恵子さんとともにデビューした未唯mieさん。懐かしのジャケット写真とともに、「本日ピンク・レディーでデビュー45周年」とコメントし、当時のエピソードを披露しました。

 デビュー時から複数番組に短時間で出演するほど忙しかった2人。生放送のバラエティー番組「ぎんざNOW!」(TBS系)収録の際は、「車では時間が読めない」との理由から電車移動を余儀なくされたといいます。

 服をいちいち着替える暇もなかったとみえ、テレビ出演時の衣装の上に私服をそのまま羽織り、人混みをかき分けてなんとか「ギリギリセーフ」で間に合ったとのこと。生放送で遅延が許されないだけに「綱渡りのスタートでした」と、未唯mieさんは分刻みでの時間に追われた日々を懐かしそうに振り返っていました。

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大が収束する気配を見せない昨今。「三重とこわか国体」や「三重とこわか大会」など大型イベントが立て続けに中止となる中、「45周年の大規模イベントを企画していたら、大変な状況になっていたでしょうね」と、デビュー45周年をファンとお祝いできない状況に複雑そうな調子でコメント。

 ファンに向かって「皆さまそれぞれの思い出にひたったりお好きな曲やLIVE版などで振り返ってみて下さいませ」と、コロナ禍での新しいお祝い方法を呼びかけ、「今も元気で歌い続けていられる事に、皆さまへの感謝でいっぱいです」と長年活動を続けてこられたことへの感謝の思いをつづっていました。

ピンク・レディー 未唯mie 増田恵子 現在も歌手活動を続ける未唯mieさん(画像は未唯mie Instagramから)

 「ピンク・レディー」は1985年の解散後、期間限定の再結成を数度経た後、2010年9月に“解散やめ!”を宣言。2人そろって2018年末の「第60回輝く!日本レコード大賞」、2019年2月のTBS系音楽特番「歌のゴールデンヒット-昭和・平成の歴代歌姫ベスト100-」に出演するなど、定期的に音楽活動を続けています。

ピンク・レディー 未唯mie 増田恵子 2020年7月に「ベストプラチナエイジスト賞」を受賞した際の2人(画像は未唯mie Instagramから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」