ニュース
» 2021年08月27日 14時05分 公開

なぜ30年後? 「ネバーマインド」ジャケ写の赤ちゃん、「性的搾取」とニルヴァーナを提訴 ネットでは疑問の声も(1/2 ページ)

ウキウキでセルフパロディーしたりもしてたのに。

[城川まちね,ねとらぼ]

 米ロックバンドのニルヴァーナ最高傑作といわれるアルバム「ネヴァーマインド」。その史上最も有名なジャケットの1つを飾った裸の赤ちゃんが、アルバム発売から30年後にあたる2021年8月24日、写真は「性的搾取」であったと米カリフォルニア州地方裁判所に訴えました。この件についてSNSでは主に批判的な意見が湧き上がっています。

ニルヴァーナ ネヴァーマインド ジャケット写真が提訴されたアルバム「ネヴァーマインド」(画像はニルヴァーナの公式サイトから)

 アルバムジャケットの写真が撮影されたのは、今回訴えを起こしたスペンサー・エルデンが生後4カ月のとき。アメリカの法律では性的でない乳児の裸はポルノと見なされませんが、当該写真は乳児の性器がみえる状態で1ドル札に向かって泳いでいる構図で、これが「セックスワーカー」のようにみえるとしています。

 訴状ではこの写真を「児童ポルノ」としており、被告がこれを「意図的かつ商業的に販売し、そのショッキングな性質を利用し音楽や彼ら自身を宣伝した」と主張。両親は写真の使用許諾に署名しておらず、また性器部分をステッカーで隠す約束をしていたにもかかわらず守られなかったとのこと。結果としてエルデンは「苦しみを抱えており、それは生涯続くだろう」と訴えています。

 エルデンはバンドのフロントマンであった故カート・コバーンの遺産管理人や彼の寡婦コートニー・ラブ、フォトグラファーを含むニルヴァーナと関係者15人にそれぞれ15万ドル(約1650万円)ずつの損害賠償を請求しています。

ニルヴァーナ ネヴァーマインド アルバム25周年にModern Rocks Galleryで展示された未公開写真。これらを含む写真集が2021年9月24日に発売される(画像はModern Rocks GalleryのInstagramから)

 撮影時、まだニルヴァーナは無名のバンドでした。エルデンの父親は米ラジオネットワークNPRに友人だったフォトグラファーのカーク・ウェドルから電話で200ドル(現在では約2万2000円)を提示され依頼されたことを明かしています。

 今回の提訴に関してSNS上では「恥を知るべき」との強い批判や、「釣り針に数百万ドルつけてもう一度ジャケットを取り直したいんだね」など金銭目的なのではといった声が続出。

 その理由として、1つはエルデンが過去のインタビューなどでジャケット写真を肯定的に捉えていると発言していること。例えば2015年の英The Guardian紙でのインタビューでは「僕にとっていつでも前向きなことで、扉を開いてくれた」とジャケット写真についてポジティブな姿勢を語っています。

 もう一つはアルバム10周年、17周年、20周年、25周年にそれぞれ海水パンツを着用し水中で撮影する、パロディーといえる写真を撮影し続けていることです。2016年、アルバム25周年の撮影を担当したフォトグラファーのジョン・チャップルには、裸で撮影してはどうかと提案したものの、却下されたと語っていました。

ニルヴァーナ ネヴァーマインド ジョン・チャップルが撮影した25周年のパロディー写真(画像はジョン・チャップルのInstagramから)

 一方で、2007年の高校生当時、エルデンは米MTVに「たくさんの人が僕の裸を見ているのはとても奇妙」「まるで世界最大のポルノスターになった気分」とすでに複雑な気持ちを語っていました。

 さらに25周年のパロディー撮影をした同年、2016年の米GQ誌でのインタビューで、みんながいまだに25年前のジャケット写真について話をすることで「正直言って頭にきている」と明かし、「選択肢がなかった」ことだと述べていました。

 続けてインタビュイーから「以前は(ジャケットに載ったことについて)クールだといっていた。いつ気持ちが変わった?」と聞かれ、「つい数カ月前、ニルヴァーナに僕のアートショーに参加しないかと連絡を取ったとき。彼らのマネージャーと弁護士を通すようにいわれた。僕がそれほど取るに足らないものだというのに、なぜまだ彼らのアルバムジャケットに載ってなくちゃいけないのか?」とつまびらかに。なお、エルデンは米ロサンゼルスを拠点にアーティストとして活動をしています。

 また、オリジナルのジャケット写真を撮影したウェドルは2019年に英The Guardian紙の取材に、まだエルデンと連絡を取り合っていること、そしてジャケット写真について対立していると認めており、「彼はみんなが儲けているのに自分は違うと感じているようだ。彼は何かに値すると思う。でも稼ぐのはいつだってレコードレーベルだ」と語っています。

  SNSではエルデンの精神状態を心配する声も散見されました。また乳児の彼に選択権がなかったことに対する同情と「なぜ彼は両親を訴えないの?」「自分の子どものために(契約書へ)署名することもしないなんて」などと両親の責任を問う声も寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  2. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  9. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  10. /nl/articles/2109/26/news016.jpg 【漫画】愛猫たちに「くせぇ」と思われた飼い主、落ち込むも…… 自分の“匂い”を気にしない愛犬に心が救われる

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」