ニュース
» 2021年08月28日 10時00分 公開

ボーイングでもエアバスでもない! 関空から超レアな「ロシア製旅客機」に乗ってみた

「おそロシア」なことはあるかな……! わくわく。

[新田浩之,ねとらぼ]

 「旅客機の製造国といえば……?」と聞くと、多くの人は米国もしくはヨーロッパを連想すると思います。米国のボーイング、ヨーロッパ(EU4国)のエアバスなどですね。

photo ロシア製の航空機「SSJ-100」、関西空港にて

 しかし「ロシア製」の旅客機も、実はつい最近まで日本に乗り入れていたのです。

ロシア製の旅客機「SSJ-100」に乗ってみた 「おそロシア」なことはあるかな……!

 1991年以前、ソビエト連邦はイリューシン、ツポレフ、アントノフなどのメーカーが旅客機を数多く製造していました。日本でも「Tu154(ツポレフ154)」などが見られたものです。

 しかしソビエト連邦の崩壊により、ロシアの旅客機製造はすっかり下火になります。アエロフロート・ロシア航空をはじめとするロシアの航空会社も採用機はエアバスやボーイングに。近年ではロシア製の旅客機を見る機会はめっきり減りました。

photo 2016年に関空から「SSJ-100」でウラジオストクへ向かった

 それでは日本でロシア製旅客機が完全に見られなくなったかというと、意外ですがそうではありません。感染症の流行で渡航制限がなされる「つい最近」まで、日本の一部の空港でロシアの旅客機「SSJ-100(スホーイ・スーパージェット100)」が見られました。

 SSJ-100はソビエト連邦崩壊後に作られた旅客機で、初飛行は2008年です。一応ロシア製ですが、製造にはドイツやフランスも関わっています。

 筆者は2016年7月にロシアの航空会社であるヤクーツク航空のチャーター便で、念願だったSSJ-100に搭乗しました。搭乗区間は関西空港→ウラジオストク、ハバロフスク→関西空港です。

 機内は2+3の座席配列。国際線というよりは国内線のような雰囲気です。真っ青なシート以外は至ってシンプルなつくり。座席は少し狭く感じましたが、それなりに快適なフライトでした。もちろん、昔のソ連機のように座席がパタパタ前に倒れるといった珍事はありませんでした。

 関西空港を離陸して約2時間でウラジオストク空港に到着。ターミナルビルはものすごく近代的で、ライトアップが美しかったです。

photo SSJ-100の機内は至ってシンプルだった。2+3配列でブルーの座席、何だか新幹線みたい
photo ウラジオストク空港のターミナルは近代的

 翌々日にハバロフスクから関西空港へ戻りました。ロシア国旗が目立つのがアエロフロート・ロシア航空、「Pegas」と書かれているのはクラスノヤルスクを本拠地とするイカル航空です。

 何とか機体全体を撮影できたヤクーツク航空関西空港行きのSSJ-100にも感動……。聞き慣れない甲高いエンジン音も印象に残っています。

photo 日本では見られないイカル航空(手前)
photo 関空へ向かうSSJ-100の姿。意外とかっこいい。というか何かを期待していたのにちゃんと普通(w)

 2021年8月現在、SSJ-100を使う日本便は運航していませんが、感染症の流行が収まればヤクーツク航空が日本の諸都市への乗り入れを再開してくれることでしょう。機会があれば、ロシアの旅客機「SSJ-100」で極東ロシア旅行を楽しんではいかがでしょうか。

新田浩之(にったひろし)

1987年神戸市生まれ。関西大学文学部卒、神戸大学大学院国際文化学研究科修了。主に鉄道と中欧、東欧、ロシアの旅行に関する記事を執筆。2018年からチェコ政府観光局公認の「チェコ親善アンバサダー2018」を務める






Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声