ニュース
» 2021年08月29日 14時36分 公開

シャロン・ストーン、11カ月の甥が臓器不全で昏睡状態に 「私たちには奇跡が必要」と人々に祈り求める

どうか助かりますように。

[城川まちね,ねとらぼ]

 米俳優のシャロン・ストーンが8月27日、11カ月の甥(おい)リヴァー君が臓器不全で昏睡(こんすい)状態に陥り治療中であると明かしました。リヴァー君の痛々しい画像を公開したシャロンは人々の祈りと奇跡を求めており、たくさんの人がそれに応えています。

シャロン・ストーン 甥 公開するのもつらかったはず(画像はシャロン・ストーンのInstagramから)

 シャロンはリヴァー君の写真に「私の甥で名付け子のリヴァー・ストーンは今日、臓器不全の状態でベビーベッドで発見されました。どうか彼のために祈ってください。私たちには奇跡が必要です」とコメントを添えて投稿。小さなリヴァー君が昏睡状態で管につながれる姿には胸が痛みます。

 リヴァー君の母親ターシャはFacebookで「今までで1番つらい投稿」とリヴァー君が米ピッツバーグ大学医療センターにて昏睡状態であることを報せています。状態は思わしくなく、医師からはたとえ回復しても「二度と前とは同じではない」と告げられたとのこと。「1秒1秒が耐えられないほどつらい。ただ私の愛しい愛しい男の子に戻ってきてほしい」と苦しみの最中で心情を吐露し、「彼が回復し、彼をとても愛している家族のもとに戻れるように」と人々の祈りを嘆願しました。

シャロン・ストーン 甥 シャロンがリヴァー君の誕生をお披露目したときの様子(画像はシャロン・ストーンのInstagramから)

 リヴァー君はシャロンの弟パトリックの息子で、2020年9月にはリヴァー君の誕生を「見て、誰が家に向かってると思う? リヴァー・ウィリアム・ストーン、弟のパトリックと妻ターシャのあいだに生まれた赤ちゃん」とチャイルドシートに座る写真とともにInstagramでお披露目していました。同年に新型コロナウイルス(COVID-19)により祖母と名付け親を亡くし、のちに回復したものの妹で俳優のケリー・ストーンとその夫ブルースも感染してしまったシャロン。ケリーは8月に感染の苦しみを明かし、警鐘を鳴らしていました(関連記事)。そのなかにあって、リヴァー君の誕生は輝くようなニュースであったと想像できます。

シャロン・ストーン 甥 天使のような笑顔(画像はシャロン・ストーンのInstagramから)

 今回のシャロンによる悲痛な投稿に、米俳優のケイト・ハドソンは「光と癒やしの愛を送ります」、その母ゴールディ・ホーンも「私のかわいい子、もちろんです。私の全ての愛を」とコメント。さらにアンディ・マクダウェル、シンディ・クロフォード、オクタヴィア・スペンサー、グロリア・エステファン、ガル・ガドット、ビリー・ポーター、シャロン・オズボーンなど多くのセレブがコメント欄でシャロンに寄り添っています。

 また一般ユーザーからも「全ての親にとって最悪の悪夢は自分の子どもが苦しんでいるのに何もできないこと。たくさんの愛とエネルギーを送ります。彼がじきにすっかり回復して彼のいるべき両親の腕の中に戻ることを願います」など、リヴァー君の回復を強く願う声であふれています。

関連キーワード

Instagram | 俳優 | 赤ちゃん | 治療


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声