ニュース
» 2021年09月13日 18時00分 公開

学校の新型コロナ対策はなぜ進まないのか 現役中学教員に聞く「今なおオンライン授業ができない学校がある理由」(1/2 ページ)

感染対策の現在についてお話を伺いました。

[ねとらぼ]

 2019年から続いている本連載「現役中学教員に聞く『ブラック職場としての学校』」。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の広まりに伴い、学校現場を巡る状況が大きく変わったため、2020年夏以降、取材を中断していました。

 あれから約1年。コロナ対策が続く学校現場は、どう変わったのでしょうか? 今回は現役中学教員Aさん(匿名)に、約1年ぶりにお話を伺いました。

※本企画は、現役教員の声をなるべくそのまま記事化したもの。口調がフランクなのは聞き手と知人であるため、ですます調への修正を行っていないためです

「今のところ、うちの学校では感染者が出ていないけど……」

―― 学校のコロナ対策が始まってから、1年以上たつわけだけど今はどんな感じ?

 自治体や学校によっていろいろ違うと思うんだけど、俺が働いているところに関して言うと、このコロナ禍で生徒全員に1台ずつタブレットが配布された。デジタル周りの環境整備は大きく進んだと思う。授業にも使ってるよ。

―― あ、オンライン授業始めたの?

 いや、うちはオンライン授業は導入していない。

 「生徒には学校に来てもらう」というのがベースの考え方で、分散登校や校内設備の消毒、体育祭、合唱コンクールなどの行事の中止、縮小……といった感染対策を続けている。給食も1年以上、黙食。

―― 学校の黙食ってたまに聞くけど、どれくらい話さないものなの?

 お通夜みたいに静かだよ。みんな前を向いたまま黙って食べている。もう慣れてしまったけど、食事というより“ただの栄養摂取”という感じがする。

―― なんだかつまらなそうだけど、感染対策を徹底するためには仕方ないのかなあ。

 いや、その“徹底”というのが……。

 例えば、給食中の生徒は黙っているけど休み時間は普通におしゃべりしている。学校行事が中止・縮小されている一方で、部活動の大会は行われていて、「合唱コンクールはなくなったけど、吹奏楽のコンクールはあります」みたいな状況だよ。

 以前は「子どもは新型コロナに感染しにくい」という話があったけど、最近のデルタ株に関するニュースを見ているとねえ。今のところ、うちの学校では感染者が出ていないけど……時間の問題なんじゃないかという気がする。

今なおオンライン授業を導入できない理由

 こないだ聞いた話なんだけどさ。ある中学校で「生徒が新型コロナに感染→クラスメイトたちが濃厚接触者になり、PCR検査を受けることに→教員がその検査の手伝いをさせられる」ということがあったらしい。

―― 医療関係者じゃないのに、検査を“受ける”じゃなくて検査を“行う”側になるの?

 そうそう。一般的な職場だったら、まず考えられない話じゃない?

 でも、もしもそういう事態になったら、うちの学校でも同様の対応をとることになりそうだ。以前、台風が来て避難所の運営をさせられたときにも「日本の学校の先生っていうのは、何でもかんでもやらされる仕事なんだなあ」と思ったけど、あらためて驚いた。

 だけど、オンライン授業はやらないんだよね、うちの学校。「そもそも教室に生徒を集めない」というのが、最強のコロナ対策だと思うんだけど。

―― そこ少し不思議だったんだけど、「コロナ対策が始まって1年以上たった今、オンライン授業を導入していない理由」って何だと思う?

 すでに導入している公立校もあるし、不可能ではないはず……というか、個人的には「オンライン授業は、やろうとすればすぐにできる」と思っている。

 最初に話した通り、すでに生徒たちにはタブレットが配布されている。配信はZoomでもSkypeでも使えばいいし、板書やグループワーク代わりに使えるサービスもあるから、ツール面でも問題ないはず。

 10年、20年前だったら厳しかったかもしれないけど、今はいろいろと便利だしハードルが下がっていると思う。

 ただ、学校というのは「ペンと紙さえあれば勉強できる」的なアナログな発想が根深く残っている場所でさ。特にベテラン教員は何十年もそうやって教えてきたわけだから「今更、自分たちの仕事のやり方を変えたくない」という声が強いんじゃない?

 いまだにオンライン授業ができない学校があるのは「技術的、環境的に難しいから」ではなくて、「教育の世界で働く人たちの気持ちを変えるのが難しいから」なんじゃないかと思う。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」