現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」

「現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」」の連載記事一覧です。

再開した学校での働き方についてインタビューしました。

【ねとらぼ】()

「学校内ではハッキリと『これは“見せる”ための対策』『パフォーマンス』だと言われてる」。

【ねとらぼ】()

「もしも今年度から9月入学制が導入されることになったら……」を聞いてみました。

【ねとらぼ】()

「休校期間中、学校現場ではどんな仕事をしているのか」「なぜオンライン授業の導入が進まないのか」などを聞きました。

【ねとらぼ】()

そもそも「4月から授業や部活が再開できるかどうか」もよく分からない状況ですが……。

【ねとらぼ】()

「『合唱の良しあしには担任としての実力が現れる』と考えられていて」

【ねとらぼ】()

「若手の先生に関しては周囲の目が厳しくて。特に行事に関しては」

【ねとらぼ】()

楽しい学校行事の代表格・修学旅行。教員視点ではどう変わる?

【ねとらぼ】()

風が吹けば桶屋がもうかる式で「学校行事を減らすと、家計が楽になる」可能性も……?

【ねとらぼ】()

学校行事や部活では教員の持ち出し(自腹を切ること)が常態化している、といいます。

【ねとらぼ】()

「20年後、公立中学校がヤバいことになるかもしれない」。

【ねとらぼ】()

先生だけど、学校のルールを守っていたら「仕事が終わらない」「日付がまわっても帰れない」。

【ねとらぼ】()

「『自腹切りたくないです』『報われない努力はしたくないです』と言うようになったら、教育現場は終わると思う」。

【ねとらぼ】()

「だから、行政は何もしない。『教員の一人一人が頑張ってください』みたいな」。

【ねとらぼ】()

「台風19号で『これヤバいな』というのが明るみに出た気がする」

【ねとらぼ】()

何も教えてもらえないなか、OJTという名目で教育現場へ。

【ねとらぼ】()

Aさん「消滅した有給がどれほどあるか……」。

【ねとらぼ】()

「残念ながら、こういう人たちは『あなたから部活を取ったら、何が残るんですか』というタイプが少なくない」。

【ねとらぼ】()

部活の活動時間規制と“どうしても部活がしたい教員たち”のイタチごっこ。

【ねとらぼ】()

生徒にケガをさせられても、校長のポケットマネーで“何も無かったことに”。

【ねとらぼ】()

「常に数十人の生徒とその親たちが納得するやり方を目指さないとならない」。

【ねとらぼ】()

「どの学校にもいる」という臨時採用教員の厳しい働き方。

【ねとらぼ】()

教員の部活動の負担を減らす動きが進んでいますが、「根本的な問題はそこじゃないだろ」。

【ねとらぼ】()

「普通の時期」でも過労死ラインを40時間オーバー。

【ねとらぼ】()