インタビュー
» 2019年12月22日 19時30分 公開

適応障害の先生に「明日、授業できる?」 現役中学教員が語る「管理職の能力が低い学校はどう壊れていくのか」(1/3 ページ)

「20年後、公立中学校がヤバいことになるかもしれない」。

[ねとらぼ]

 ブラックな労働環境、厳し過ぎる部活動、なくならないいじめ………。子どもの成長を支える学校を巡って、ニュースではさまざまな問題が取り上げられています。実際に働いている教員は、どのような思いを抱いているのでしょうか。

 本記事は、公立校の中学教員に「一般教員として感じている“学校の問題点”」を語ってもらう連載企画。今回は「管理職のミスによって起こる学校崩壊」について、Aさん(仮名)にインタビューしました。

事例:管理職の人事ミスで、新人教員が2年足らずで病休



A:まず「20年後、公立中学校がヤバいことになるかもしれない」という話をしたい。

 前にも話したけど、「教員志望者が減る→採用倍率の低下」という動きがあって、今後、教員の質が維持できるのかという問題がある。

 20年後というのは、今の20代が40代になる頃だよね。今の管理職(教頭、校長)は高倍率を突破した“選ばれた人たち”で比較的能力があると思うんだけど、低倍率で入ってきた若い世代が管理職に就いたときどうなるのか。しかも、教頭の仕事なんてすごく大変だから、やりたがらない若者が増えている。でも、管理職がないと学校は回らない。イヤイヤ管理職に就くケースも増えていくと思うんだよね。

 そういう状況で、校長、教頭の質が維持ができなくなったら……という。

―― 管理職がうまく学校運営できないと、どういうことが起こるの?

A:俺が聞いた事例を紹介しようか。「管理職の人事ミスから、ある学校で英語の授業ができなくなった」という話。

 名前は伏せるけど、これは英語の新人教員Xさんから聞いた話。その人はある年の4月、ある学校に赴任。3年生の副担任をしながら、ベテランの先生について授業の仕方を学ぶ予定だったそうなんだけど、英語教員4人のうち1人がすぐに病休に入ってしまって、Xさんは急きょ2年生の授業を受け持つことになったらしい。

―― 3年の副担任なのに、授業は2年生?

A:4月の人事でつまづいて、管理職がうまくまとめられなかったんだろうね。結局、管理職は「新人教員を2年生の副担任に変更する」という判断をしたそうだ。年度途中に担当学年を変えるというのは、普通に考えたらありえない対応。

 そのせいで新人教員は夏休み明け「自分は2年生、3年生どちらの学年会議に出ればよいのか」が分からなくなり、管理職に聞いたら「俺も分からない」、3年生の学年主任は「あなたはもう2年生の担当」、2年生の学年主任は「私たちは何も聞いてない」と。職員室で一人ぼっちになってしまったらしい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる