ニュース
» 2021年09月02日 12時15分 公開

「ドラゴン桜」ヤンキー役で注目 西山潤「辞めたいと思うこと、何回もありました」 同期の活躍、悔やむ日々語る(4/4 ページ)

[のとほのか,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

「(俳優)辞めたいと思うこと何回もありました」

西山潤 ドラゴン桜 小橋 ヤンキー ヒミズ

 9月18日から26日までMixalive TOKYO 「Theater Mixa」で上演される舞台「ヒミズ」では主演を務める西山さん。本人にとって初の舞台主演とあって“挑戦”になるとのことですが、それまでの道のりでは挫折を多く経験していました。

――あなたの転機はいつ? それはなぜ?

 スカウトされて事務所に入ったことです。それがなければ、この業界に入っていなかったです。

 転機っていろいろあると思うんですけど、毎回作品と出会うたびにそれが転機ですし、それがなければ今やっている作品もやっていなかったかもしれないし。毎回転機です。

――もともと役者志望だったのですか?

 もともと役者になりたかったわけではないです。中学受験したときも、もう辞めようかなと思ったときもありました。でも、入学した中学校が芸能活動が少しできる学校だったので、続けていたら「やっぱりお芝居楽しい、仕事やっていきたい」と思うようになりました。別の学校にもし受かっていたら辞めていたかもしれないですが、それは分からないですね。

――感動したアドバイス

 中学2年生のころにドラマ「大奥」をやったとき、部活もやってお仕事もやって勉強もやって、何をしたらいいのか分からない時期があったんです。そのときに、堺雅人さんが「今、現場にいるんだったら仕事100%でやって、いろいろ不安に思うこともあるけれど、今を頑張ればおのずと結果はついてくる。自分のやりたことは見つかってくるから、今頑張りなさい」と言っていただいて、その言葉は今でも心に残っていて、頑張ろうと思えています。

――挫折した経験は?

 たくさんあります。子役からやってきて、同期の北村匠海とか、中川大志とか同じ事務所にいる中で、僕より先に売れていって悔しいと思うこともありましたし、辞めたいと思うこと何回もありました。これからも(辞めたいと思うことが)あるかもしれないですが、やっぱり辞めなくてよかったです。

――あなたにとって役者とは?

 子役のときに思わなくて、今思うことなんですけど、いかに役の見えないところを見せていくか。表面的なところじゃなくて、人間の見えないところをどう見せていくかという仕事。それを見せられる人がすてきな役者さんだなと感じます。

――今の仕事の目標は?

 求められる人。見ている人、監督さんとか制作する側の人にも求められる人になりたいです。

――あなたにとって“挑戦”とは?


 ちょうど次、初舞台があるんですけど、それこそ挑戦です。挑戦って、自分が今まで経験したことのないことや、見たことのない景色にどれだけ自分が熱と覚悟を決めて挑めるかだと思うので、次の舞台頑張ります。

――幸せの条件を3つ挙げるなら?

 現場にいて芝居をしているとき。バイクに乗っているとき。友達と話しているとき。今日の総括ですね(笑)。

西山潤 ドラゴン桜 小橋 ヤンキー ヒミズ

プレゼントキャンペーン

 ねとらぼエンタの公式YouTubeをチャンネル登録&公式Twitterをフォローし、プレゼント企画を告知するツイートをRTしてくださった方の中から抽選で2名に、西山潤さんサイン入りチェキをプレゼントします!

西山潤 ドラゴン桜 小橋 ヤンキー ヒミズ

(1)ねとらぼエンタ公式Twitterアカウント(@itm_nlabenta)をフォロー

(2)ねとらぼエンタのYouTubeをチャンネル登録

(3)告知ツイートをRTで応募完了

※当選の際には、登録チャンネルを確認させていただくため、ご自身のYouTubeチャンネルのURLが必要となります。あらかじめご了承ください。


注意事項

  • 締切期限は9月9日正午
  • 当選者には編集部からDMでご連絡します。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください
  • いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処分します
  • ご応募完了時点で、アイティメディアのプライバシーポリシーへご同意いただいたものと致します。応募前に必ずご確認ください


撮影:こた

動画撮影:岩本新之助

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響