レビュー
» 2021年09月05日 12時00分 公開

ふわふわした不思議な物体「ケサランパサラン」の謎 実体験をもとに書かれた同人誌にわくわくが止まらない司書みさきの同人誌レビューノート

正体が判明しないからこその良さもありますね。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 捕まえると幸せになる、お金持ちになる……そんな言い伝えを持つ物体が、いまも世の中にふわふわ浮かんでいるのをご存じでしょうか。今回はさまざまな側面を持つ“ケサランパサラン”の同人誌です。

今回紹介する同人誌

『ケサランパサランの秘密』 A5 22ページ 表紙・本文カラー

著者:マンドラゴラ農場


同人誌 図書館 司書 ふわふわなケサランパサランの秘密とは?

リアル? 伝説? 不思議な存在ケサランパサラン

 ご本によるとケサランパサランは、

球状をしており毛が生えている
空から降ってきたり、雷と共に現れる
捕まえると幸せになる、お金持ちになる
願いをかなえると消えてしまう

という特徴を持っているそうです。

 不意に現れたり消えたり、願いをかなえたり……昔からの言い伝えにも登場する、まったくもって不思議な物体ですが、興味深いのはケサランパサランにはいろいろなパターンがあることです。

 植物の種? 動物の毛由来? 鉱石の可能性も? と、ケサランパサランを構成している中身から可能性を探ったり、「テンサラバサラ」「ケサラバサラ」などの別名を挙げたりと、ご本では伝説的なこの存在を調べた結果が、写真やイラスト、文章ですっきりとまとめられています。

同人誌 図書館 司書 もしも手元に保管する際の方法まで。“おしろい”を食べさせる説はご存じの方もいらっしゃるのでは?

実体験をもとに秘密に迫る

 ご本のデザインは、ちょっぴり不思議な世界をご案内、といった趣でクラシックでかわいらしい雰囲気があります。しかし、それにとどまらない熱さが内側に秘められているように思います。それは、なんとご本人がケサランパサランを捕まえたことがおあり! という経験に由来しているのではないでしょうか。

 突如として出会ったのは植物らしくもなく、動物の抜け毛でもなさそうなふわふわで……小学生だった作者さんが当時、多摩動物公園に手紙で問い合わせたところ「それはケサランパサランではないか」とお返事があったとのこと。そこから自由研究に取り組み、月日が流れて同人誌にもなり、と幼いころの体験をもとに大人の目線をプラスし、今につなげて形にされています。児童向けの妖怪図鑑、過去の新聞、論文などの各種資料をチェックされている様子などから、一瞬で燃え上がって消える炎ではなく、じわじわぽかぽかと体を温めてくれるじんわりとした熱が続いているようだと思いました。

同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 子どもの頃に出会ったものは出て行ってしまったそうですが、作者さんちの「我が家のケサランパサラン」紹介をカラーで

正体を知りたい気持ちと秘密を育てる相反する楽しさ

 ご本ではケサランパサランの「ふわふわしたものが手元にやってくることがある」という事実と、「幸せになる」「願いがかなうと消える」といった、受け取り手によって解釈が違ってきそうな不思議の部分が読んでいるうちに交錯し、リアルとファンタジックさの行き来が魅力的に感じられます。

 作者さんは植物由来と思われるケサランパサランをガラス瓶に入れて保管されているそうですが、「現状、5年ほど経ちますが何も起きておりません…」とそっと書き添えられています。この、謎を解明するだけでなく“何か起こるかも”の気持ちを大切にし、秘密は秘密として楽しむ期待感、すてきです。

 ふわふわな幸せ、意外と近くまで来ているかもしれませんよ。

同人誌 図書館 司書 会いに行けるケサランパサラン情報も

サークル情報

サークル名:マンドラゴラ農場

入手できる場所:架空ストア魔術堂(実店舗)

Webサイト:https://mandragora.mystrikingly.com/

Twitter:@tidoriasshi

次回参加予定イベント:おもしろ同人誌バザール(2021年11月3日)


今週の余談

 それがですね……ちょうどこのレビューを書いている期間に、私も出会ったんですよ。ふわふわ物体に! 対象は階段の踊り場にたたずんでおり、ご本と照らし合わせると植物由来の線が強そうでした。そっと手のひらに乗せたら、ふわーっと風とともにどこかへ旅立たれて行きましたが、なんだかとてもうれしい出来事になりました。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」