ニュース
» 2021年09月06日 18時40分 公開

【育児あるある】発車したら子どもが駆け寄ってきて慌てて急ブレーキ 飛び出しの理由は「走ってる車に触りたかった」から(1/2 ページ)

子どもに大丈夫「だろう」という考えは通用しない。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 幼児の不可思議な行動に惑わされる日々をイラストでご紹介する「育児あるある」。今回は駐車場から車を出そうとしたところ駆け寄ってきた子どもがいて急ブレーキ。理由を聞くと、「走ってる車に触りたかった」とのこと。その欲求、分からなくもないけれど、ほんと気を付けてね……。

彼らには「それ」しか見えていない

育児あるある なぜに向かってくるの!(イラスト:野田せいぞ

幼児の謎欲求、マジで恐ろしくて、前に駐車場で発車した途端にこちらに走り寄ってきた個体がいて、ブレーキかけて止まったのだが、氏曰く「走ってる車に触りたかった」ということであり、横で申し訳ないと泣き崩れるお母さんに同情するしかなかった。二人幼児お連れでしたね。

(あばら@18禁BL書きさんのツイートより)

 こんなツイートをしたのは、あばら@18禁BL書き(@abaramlnv)さん。以前、車を発進させようとしたところ、幼児が駆け寄ってきたので急停止。聞けば「走ってる車に触りたかった」という、大人では予想もできない答えが返ってきました。お母さんは「申し訳ない」と平謝りだったとのことですが、確かに子どもの発想には、思いもよらないものが多くあります。

 このツイートには、全国各地の親御さんや車を運転する側の人たちから、「似たようなことがあった」「本が買ってもらえないと車道に向かって飛び出した」「走っている車に石を投げたいという子がいた」「走行中の車を傘でなぞられたことがある」などと、子どもたちの意外な行動を伝えるコメントがいくつも寄せられました。

 なかには「周りに複数の大人がそばにいても誰1人も子どもを見ていない「魔の瞬間」が必ず存在する」という指摘も。また、そうした自身の経験からか、いわゆる親子ひも(リード)の必要性を訴える声もいくつかありました。

 自分も子どもだった時代があるはずなのに、理解の範囲を超えてくる子どもの言動の数々。ほんと、全国のお父さん、お母さんお疲れさまです!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」