ニュース
» 2021年09月09日 19時35分 公開

新型コロナ感染の前田日明、“周囲の警告”でワクチン未接種 心臓の痛みと不整脈で苦しむ事態に 「かかるとヤバい」(1/2 ページ)

ワクチンの「不備」を伝えられたとのこと。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 元プロレスラーで総合格闘技大会「THE OUTSIDER」プロデューサーの前田日明さんが9月9日にYouTubeを更新。ワクチン未接種の状態でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)にかかり、左肺の半分が肺炎状態になったことを明かしています。

 SNSで定期的に情報発信してきた前田さんでしたが、Instagramの更新が8月20日からしばらく途絶。2週間近くたった9月1日の投稿には、異変を察知したファンから「暫く情報発信されてないんで、私も含めて皆様心配されてると思います」「お元気そうで安心しました」というコメントが続々寄せられていました。

前田日明 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) ワクチン 新型コロナ感染前の前田さん(画像は前田日明Instagramから)

 前田さんはこの日の動画に疲れをにじませた様子で登場し、「長い間いろいろとご心配をおかけしました。コロナに感染しました」と告白。8月上旬に親交の深い人物からコロナ発症の連絡を受けたものの、体温は36.8度と平熱であり、何の症状も見られなかったので「まあ、大丈夫なのかな」と安心していたところ、翌日から40度前後の熱に見舞われたといいます。

 抗体の有無を調べる「抗体検査キット」を「PCR検査キット」と取り違えていたミスもあり、「熱が出るけどコロナじゃないんだろうな……」と考えていた前田さん。しばらくの間粘ったものの、「重い腎臓病にかかったような全身の倦怠(けんたい)感」に加え、ひどい脱力感と全身の痛みが襲う症状に異変を感じ、医師を呼んだことがきっかけで新型コロナ感染が判明し、そのまま自宅療養となりました。

前田日明 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) ワクチン 感染中の症状を説明(画像はYouTubeから)

 「自分の体力に自信があった」と語る前田さんですが、「心臓の違和感と痛さ」「自分でも分かるような不整脈」にさいなまれ、間もなく入院。レントゲンでは左肺の半分が肺炎状態で、医師から「早ければ1日、遅い人でも3日ぐらい」で肺全体に病気が回るだろうと告げられたそうです。ステロイド治療が功を奏し、全身の倦怠感を抱えながらも、9月からトレーニングを再開できるまでに回復しました。

前田日明 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) ワクチン 今ではトレーニングを再開できる状態に(画像は前田日明Instagramから)

 前田さんは、コロナを「かかると面倒でヤバい病気」と注意喚起しつつ、ワクチンは感染まで未接種だったとも告白。「あくまで個人の意見」としつつ、周囲の人からファイザーやモデルナなどのmRNAワクチンの「不備」を警告された他、アレルギー体質を持った家系であることを理由として挙げていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」