ニュース
» 2021年09月12日 09時00分 公開

人生に絶望したときに聞いた音楽は今も“御守り” 音楽に救われた体験談漫画に共感の声(1/2 ページ)

作中に登場するバンド「amazarashi」ファンからも大きな反響。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 精神的に落ち込んだときに音楽に救われた経験を描いた漫画「人生に絶望した時のプレイリスト」が反響を呼んでいます。

人生に絶望した時のプレイリスト 動くのもつらいほどの精神的な底。そんなときに響いてきた音楽
漫画をまとめて読む

 作者のさく兵衛(@sakubetaro)さんが学生だったころ、友人から「amazarashi(あまざらし)」というバンドをおススメされました。当時はあまりピンとこなかったのですが……。

人生に絶望した時のプレイリスト
人生に絶望した時のプレイリスト

 その後、つらい出来事や不安が重なり深く落ち込んでしまったさく兵衛さん。起き上がれないほど「病んだ」状態で、ふと耳にしたのがamazarashiの音楽でした。

人生に絶望した時のプレイリスト
人生に絶望した時のプレイリスト

 音楽を聞きながら「この曲はどん底にいる人間に向けて歌われている」となんとなく感じたさく兵衛さん。精神状態が回復した今でも、当時のプレイリストは「御守り」であり、聞き続けています。

 漫画には多数の共感が寄せられ、特に「amazarashi」の曲を聞いて救われたという声が多く見られました。「音楽って、こういうものだよね。お守り、思い出」「音楽に救われるときはいつもこれ」というコメントも。「amazarashi」に限らず、つらい気持ちを音楽に受け止めてもらったり、元気づけられた人がいることが分かります。

 「沈んだ気持ちの時は沈んだ気持ちに合った曲を延々と聴いて、プレイリストの終わり頃に同じ人の少し上向きになる曲を入れて気持ちを少し切り替えてた」という声も。音楽で自分の気持ちをうまくコントロールする人もいるようです。「時を経て急に名作だったことに気付くことありますよね」という声もあり、漫画にあったように、さまざまな経験を経て分かる曲の魅力もあるのでしょう。

 さく兵衛さんは日常や過去のエピソード漫画を投稿(関連記事)。かわいい動物たちが活躍するミステリーホラー「とある食肉用うさぎの話」を連載中です。

作品提供:さく兵衛@漫画家(@sakubetaro)さん

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声