ニュース
» 2021年09月13日 18時45分 公開

バイクへのiPhone車載「お勧めしません」 アップルが注意喚起、振動でカメラが壊れる可能性(1/2 ページ)

事象は知られていましたが……アップルがあらためて告知しました。

[ねとらぼ]

 バイクの振動で、iPhoneカメラが壊れる可能性があります──。アップルが9月10日(現地時間)、「バイクへのiPhone車載」についての注意喚起情報を掲載しました。

photo (参考)多くのライダーはバーハンマウントなどとともにスマホを装着している

 「ある日突然、撮れる写真が“ぐにゃぐにゃ”になった」「カメラが壊れてしまった」(関連記事)。スマホのバイク車載でカメラが壊れてしまう現象は、バイク乗りの間で「バイク特有の困った現象」としてじわじわと知られるようになっていましたが、今回、アップルが改めて注意を喚起した格好です。

iPhone バイク車載 告知された「バイクへのiPhone車載」についての注意喚起(アップルのWebサイトより)

 告知では「特定の周波数範囲内の高振幅振動に長時間直接さらされると、システムのパフォーマンスが低下し、写真やビデオの画質が低下する可能性があります」とし、特に「高出力または大排気量のバイクは、エンジンから、シャシー、ハンドルバーを介して高振幅の振動が発生する」ことから「高出力または大排気量のバイクに取り付けることは推奨しない」としています。

 また、「モペットやスクーターなどの比較的低出力のバイクや電動バイクも、その損傷のリスクを軽減するために振動減衰マウントなどとともに使い、長期間の定期的な使用は避けることを勧める」としています。

photo (参考)“高出力バイク”でなくても故障は発生する。写真は、250cc単気筒バイクでAFの調子が悪くなってしまったiPhone XSアウトカメラのもの。風景撮影は諦めたが、PayPayのQR決済スキャン支払い利用時など、日常生活でも地味に困ったりする

 昨今、多くのライダーがスマホを「ナビゲーション用」として便利に活用。バーハンドルやミラー基部に直接クランプやステーで装着するタイプのものを中心に、さまざまな方法で車体にスマホを装着しています。

 近年のスマートフォンはカメラの性能向上が著しく、主に上位機種には高性能な光学式手ブレ補正機能が備わっています。ちょっとした揺れを吸収して、安定しない姿勢だったり、被写体の動きが早かったり、暗かったりしてもブレずにうまく写真を撮れる機能です。

 手ブレ補正はとても便利な機能です。しかし精密機器ゆえ、強い揺れを長時間与え続けたり、落としてしまったりすると、ブレ補正のための内部パーツが壊れてしまうことがあります。その結果、逆にレンズが高速で揺れるようになり、AFが合わなくなったり、波打つようなぐにゃぐにゃの写りになってしまったりするようです。

 ネットでは対策として、振動が直接伝わらないような構造のホルダーにする、タンクバッグ型のスマホホルダーに変える、メインのスマホは使わない/機種変更で使わなくなった古いスマホが手元にあれば、それをナビ用にするといった方法が挙げられています。

photo (参考)仕方ないのでスポンジ入りの小型タンクバッグに入れて運用。なお、事象の性質からiPhoneだけのトラブルではなく、Androidスマホも、あるいは自転車などでも発生する可能性はある


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響