ニュース
» 2021年09月14日 12時15分 公開

「プロミス・シンデレラ」さくら役・畑芽育、中学時代に大きな決断 19歳で芸歴18年、元子役が語る“辞めたかった時期”(2/2 ページ)

[のとほのか,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       
畑芽育 プロミス・シンデレラ 山ノ井さくら ハコヅメ 青天を衝け

 今でこそ、さまざまな役を演じる俳優へと成長した畑さん。子役時代との変化についてこう語ります。

「子役時代はやらされていた感じ。嫌な意味ではなく、そのときも楽しんでお仕事させていただいていましたが、渡された台本を覚えて、現場に行って、終わりでした。今ではもっと台本を読み込むようになりましたし、年々、お芝居が好きになっています。子役時代とは全然違うかな。ずっと続けるお仕事でありたいと思っているので、いろんな人と話して、この業界だったり、お仕事だったりを知るために努力するようになりました」

 最近では、「プロミス・シンデレラ」で山ノ井さくら役として出演。「本当に純粋な女の子」と称するさくらちゃんを演じる上で気をつけたことは“いやらしくならないこと”

「山ノ井さくらちゃんは本当に純粋な女の子。言い方悪いですが、私は長いことお仕事をしている中で“純粋”というものはもう失っているかもしれないと思いつつあるのですが……。さくらちゃんは純粋で、ピュアで、それでいて優しくて穏やか。どの作品をやるにしてもそうですが、自分にない部分を演じるときがすごく楽しい。研究しがいがあります。原作を勉強しながら、さくらちゃんの純粋でピュアで可愛いところをどう演じようかとたくさん悩みながら演じさせていただいています」

「演じる上で気をつけたことは、いやらしくならないこと。一応、二階堂ふみさん演じる桂木早梅の恋敵として、自分の気持ちにだけまっすぐ動く女の子なので、素直に飛び込んで演じるようにしています」

 撮影現場では、二階堂さんからかけられた言葉が畑さんにとって大切な学びとなったことも。

「感動したアドバイスは、二階堂ふみさんから『もっと自由でいていいと思うよ』と言っていただいたこと。小さいころから仕事をしていることもあって、縛られて緊張して固まっちゃうことが多いんです。猫被ったり、よく見せようという姿勢になってしまうのですが、『もっと自由でいいと思う』と言われて、心を打たれたというか、素敵なアドバイスをいただいたなと思います」

芸歴18年の中で一番緊張した大河

畑芽育 プロミス・シンデレラ 山ノ井さくら ハコヅメ 青天を衝け

 畑さんにとって、大舞台となるであろう作品がNHK大河ドラマ「青天を衝け」への出演です。8月に発表された新キャストとして、田辺誠一さん演じる尾高惇忠の長女のゆうを演じます。キャスティングは、驚きが先行しました。

「大河出演を一言で表すと、『え!? 大河!?』です。うれしさよりも、最初に戸惑いと驚きがきて、徐々に大河に出演させていただけることの喜びだったり緊張感だったりいろんな感情が湧いてきたのですが、最初は『え!?』でした」

「初めてのリハーサルのときは、今までで一番緊張しました。リハーサル室に、大河に出演されていますキャストの方々がいるのですが、空気感がたまらなくすごくて、どうあいさつしようとか、どう乗り切ろうとか、いろいろなことを考えて、初めてのことに何もわからずソワソワしていました。最後は和んで終えることができたのですが、その日は一番緊張しました」

 自分よりも年上の人たちと仕事をする機会が多かったであろう畑さん。プレッシャーを感じる場面ではどのように乗り越えてきたのか聞いたところ、どこか割り切った様子で答えました。

「よくプレッシャーに負けてしまうんですけど、どうにか役になりきってその場を乗り越えてしまうことが多いです。“どうにかなる精神”でやっています」

真剣に「辞めようかな、このお仕事」と思った

畑芽育 プロミス・シンデレラ 山ノ井さくら ハコヅメ 青天を衝け

 現在は、「ずっと続ける仕事でありたい」と自主的に俳優業を続けている畑さんですが、高校進学を前に“俳優以外の人生”を考える岐路に立たされたこともありました。

「高校に進学するとき、芸能コースの学校へ行くか、都立の学校に行くか迷った時期がありました。この先、このお仕事でやっていけるかという将来の不安に駆られる時期で、頭がモヤモヤしてどうしようもなかった。真剣に「辞めようかな、このお仕事」と考えました。そのときに、当時のマネジャーに相談したところ、「あなたのお芝居を観たい人はたくさんいる」と助言していただいて、引き止まりました。あのとき、引き止めてくださる方がいてよかったなと思いますし、今、お芝居をすごく楽しくやれているので感謝しかないです」

 まだ中学生で人生の大きな選択をした畑さん。以降、芝居は自分にとってなくてはならない存在になります。

「どの役をやるにも課題が多いなというか、常に勉強勉強で、難しいですが、楽しいです。芝居は誇りに思っています。人様に見ていただくものなので自信を持ってやっています」

「今の仕事の目標は、また使いたいと思ってもらえる俳優になること。夢のステージは日本アカデミー賞で、いつかレッドカーペットを歩きたい。10年後には『畑芽育? 知ってるよ』と言われる俳優になっていたいです」

「私にとって役者は、夢であり、一生勉強し続けるものだと思います」

畑芽育 プロミス・シンデレラ 山ノ井さくら ハコヅメ 青天を衝け

プレゼントキャンペーン

 ねとらぼエンタの公式YouTubeをチャンネル登録&公式Twitterをフォローし、プレゼント企画を告知するツイートをRTしてくださった方の中から抽選で2名に、畑芽育さんサイン入りチェキをプレゼントします!

畑芽育 プロミス・シンデレラ 山ノ井さくら ハコヅメ 青天を衝け

(1)ねとらぼエンタ公式Twitterアカウント(@itm_nlabenta)をフォロー

(2)ねとらぼエンタのYouTubeをチャンネル登録

(3)告知ツイートをRTで応募完了

※当選の際には、登録チャンネルを確認させていただくため、ご自身のYouTubeチャンネルのURLが必要となります。あらかじめご了承ください。


注意事項

  • 締切期限は9月21日正午
  • 当選者には編集部からDMでご連絡します。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください
  • いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処分します
  • ご応募完了時点で、アイティメディアのプライバシーポリシーへご同意いただいたものと致します。応募前に必ずご確認ください


撮影:こた

動画撮影:岩本新之助

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10