ニュース
» 2021年09月15日 16時50分 公開

「産んであげられなくてごめん」 元SKE48・藤本美月、第2子の自然流産を初告白 検査結果に「理解できず頭が真っ白」(1/2 ページ)

現在は妊娠9カ月の藤本さん。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 元SKE48の藤本美月さんが9月15日、第2子を“自然流産”していた過去をブログで明かしています。

SKE48 藤本美月 自然流産 藤本美月さん(画像は藤本美月Instagramから)

 ブログ開設から1日たった9月12日、藤本さんは「流産の経験」と題したエントリーで、2020年9月にわが子を流産していたと告白。SNSなどで今まで全く言及してこなかったとしつつ、「同じ思いをして辛い方がいらっしゃるのであれば少しでも前向きな気持ちになってほしい」との理由から、多くの人の目に触れるブログ開設を契機として自身の体験談を語っていこうと考えたといいます。

 藤本さんは以前から第2子を望んでおり、妊娠検査薬で陽性反応が出たときには「エコー写真を入れるアルバム買わなきゃ」「母子手帳どこで買おう」と大喜び。しかし、かかりつけの産婦人科からは「赤ちゃんの袋みえるね〜」「まだ心拍の確認が出来ないから数日後来てね!」と伝えられており、赤ちゃんへの異変で一気に不安を抱えたとのことです。

SKE48 藤本美月 自然流産 第1子長女を出産したときの藤本さん(画像は藤本美月Instagramから)

 「心拍が確認できますように」と祈りつつ、所定の日に産婦人科を再訪した藤本さん。実施されたエコー検査では、胎嚢のサイズが前回と変わらず、心拍も確認できなかったといい、流産の事実に「理解ができず頭が真っ白なまま」手術日の予約を済ませたといいます。

 「1人目の時は元気に育ってくれたしなんで……」と号泣しながら帰宅したところ、夫もすぐに状況を察して背中をさすってくれたといい、「夫ももちろん辛かったと思います」「自分はしっかりしなきゃと思ったようで泣いている私の側にいてくれました」と感謝の思いをにじませながら振り返っていました。

 藤本さんが経験したのは、「人工妊娠中絶以外の手術の有無に関係なく起こる」という自然流産。担当医師からも「精子と卵子は元々受精しても成長しないのが含まれていて、たまたまその成長しないのが受精しちゃっただけでお母さんが悪い訳じゃないからね」と説明を尽くされたものの、「ちゃんと産んであげられなくてごめんね」と自責の念にとらわれて泣き明かす日々がしばらく続き、同じ流産体験を持つ友人らの支えもあって「またパパとママのところに帰ってきてね」と考えられるようになったといいます。

 藤本さんは2011年10月にSKE第5期生のオーディションに合格し、研究生として活動。2013年4月に正規メンバーへ昇格しましたが、1カ月後の5月には保育士の夢をかなえるべくグループの活動を終了しています。2018年1月に一般男性との結婚を発表し、2019年8月には“はーちゃん”こと第1子長女を出産、2021年5月には妊娠5カ月であることを報告していました。

SKE48 藤本美月 自然流産 長女に大きなおなかをなでてもらって笑顔(画像は藤本美月Instagramから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」