ニュース
» 2021年09月16日 20時55分 公開

DV逮捕のボビー・オロゴン、芸能活動を再開 “1日300円の生活”振り返り謝罪 「『ボコボコにするよ』と言わないよう生きていく」(1/2 ページ)

妻との現在には言及せず「無事に問題も解決致しました」。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 ナイジェリア出身のタレントであるボビー・オロゴンさんが9月16日に公式YouTubeチャンネルを開設。初投稿した動画で、妻に暴力を働いたとして罰金刑を受けた一件を謝罪した上で、芸能活動再開を宣言しています。

 ボビーさんは2020年5月、自宅で妻と口論になった末、「ボコボコにするぞ」と言い放ち、相手の頬を指で突いたとして現行犯逮捕。暴行罪で起訴され、2021年5月には罰金10万円の有罪判決が言い渡されました。一部報道機関は、長年DV被害を受けてきたと主張していた妻が子どもを連れ、ボビーさんとは現在別居中だと伝えています。

ボビー・オロゴン 暴行罪 DV 罰金 芸能活動再開 暴行事件後初となったポートレート投稿(画像はボビー・オロゴンInstagramから)

 ボビーさんは高級そうな服に身を包み、椅子にかけた姿で登場し、自身を取り巻く噂の数々について「言いたいことは山ほどあるけど」「お詫びしたら十分じゃないかなと思うけど……ダメ?」とコメント。「私が一体何者なのか忘れちゃいそうになっちゃいまして」「ある日は1日300円の生活に戻ってみたり、自分を見つめながら本当に裏方になろうかなと悩んでいた」と芸能活動再開を決断するまでの苦しい日々のもようを振り返っています。

 “ある人”から「お前はもうちょっと表でやることあるんじゃないかな?」と言われたことをきっかけに、表舞台への復帰を考えたというボビーさん。

 今後の自身の行く末について「これから『ボコボコにするよ』と言わないように生きていく人生にしていきたいなと思っています」「ボコボコにしなくてもやれること、使える言葉はまだあるんだぞ、ということを皆さまにお教えしたいと思っています」と暴力事件の際に発した言葉を引き合いに出して語った他、関係者やファンにも過去の騒動を謝罪。

ボビー・オロゴン 暴行罪 DV 罰金 芸能活動再開 過去の事件を振り返るボビーさん(画像はYouTubeから)

 現在の関係を取り沙汰される妻には全く言及せず、「時間はかかってしまいましたが無事に問題も解決致しましたことを、ここにご報告させていただきます」とだけコメントしていました。

ボビー・オロゴン 暴行罪 DV 罰金 芸能活動再開 関係者やファンに謝罪(画像はYouTubeから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10