レビュー
» 2021年09月19日 12時00分 公開

ウミウシの柄をポップでサイケなファッションに すてきかわいい同人誌『60年代風ウミウシスタイルブック』司書みさきの同人誌レビューノート

CMYの3色刷りにこだわりを感じます。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 暑さの真っ盛りを過ぎたら、もう木々の色が深みを増してきたような気がします。金木犀の花も少し早めに咲いて、濃い緑の葉の間でぱっと明るいオレンジ色の花は、小さくともその香りと一緒に存在感を放っています。今回は自然界に暮らす色とりどりな生き物に注目したご本です。

今回紹介する同人誌

『60年代風ウミウシスタイルブック』 A5 16ページ 表紙3色刷り 本文3色刷り

著者:浅見星月(どりふ)


同人誌 図書館 司書 鮮やかなピンクがまぶしいほど。そしてウミウシとウミウシファッションもそれに負けない多彩さです

もしもウミウシをファッションに置き換えたら……

 街や野山にさまざまな色のお花が咲き乱れるように、海もまたさまざまな色と模様がある世界。こちらの同人誌はそんな中でもとびきりカラフルな海中の生き物、ウミウシをモチーフにしたファッションを女の子たちがかわいく、かっこよく着こなしたスタイルブックです。

 作者さんが1960年代のお洋服とウミウシがお好きとのことで、ポップでサイケな雰囲気の6種類のウミウシスタイルがページごとに繰り広げられます。

同人誌 図書館 司書 こちらはアオウミウシがテーマ。とんがり触角はカチューシャに

重なりがかわいい! こだわりの3色印刷

 ウミウシと、60年代ファッションと……もう一つ、作者さんが好きなものがこのご本にはミックスされています。それは多色印刷。インクを一色ずつ変えて刷る、印刷の技法です。

 街で見掛けるコピー機やプリンタのように、いまは白黒かカラーか、どちらかの選択で紙に印刷することが多いですが、版画の様にインクを一色ずつ乗せて行く多色刷りという方法もあるんです。

 黒を使用せずに青、黄、そして赤ではなく鮮やかな蛍光ピンクを使ったことで、画面がぴかぴかにまぶしく彩光を放っているみたいになっています。それだけではなく、青とピンクを重ねて紫を表現、黄色と青で緑を、と組み合わせで、3色にとどまらない多様な色が表現されています。この計算された鮮やかさ、けれど重ねるが故のちょっとした印刷のずれ具合が、ほんのわずかな“ブレ”になって、画面にふんわり幻想的な空気感を纏わせています。それが、ピカピカサイケな60年代をレトロなムードに見せる、いい味わいにつながっています。

同人誌 図書館 司書 黒が無いことで輪郭が淡いのもかわいい(画像はBOOTHから)

“らしさ”を比べて楽しむ

 さて、お洋服に加えて、バッグや靴、髪形のあれこれをも楽しく眺めたあと、私はウミウシについて調べてみることにしました。実物のウミウシの写真を見て、イラストと見比べて「なるほど」と納得するつもりが、これが実は「へぇー! このウミウシからこう発想なさったんですか!?」と意外な驚きの連発でした。

 自然界の造形の妙を体現したような姿のウミウシへの驚きも楽しく、さらに同じ種類のウミウシを見ても「自分だったらこうしたかも」という妄想と、紙面のイラストが全然違うんですよ。それは対象のどこに着目したか、どの要素をどうやって置き換えるかのポイントや、60年代風の受け止め方など、ご本に表されていたのは作者さんの頭の中でミックスされた独自の世界なんだということにはっとし、あらためてわくわくとした気持ちにさせてくれました。

 60年代風ファッションとウミウシと。いつもなら混ざり合わない街と海とが、紙面で重なりあう楽しさが花開いたようなご本です。

同人誌 図書館 司書 よーく見ると、背中の縫い目が重なりで表現されているのにこだわりを感じます

サークル情報

サークル名:はる☆どり

入手できる場所:BOOTH


今週の余談

 気付いたら秋……秋になりましたよね! 身の回りではいかがですか? 金木犀やイチョウなど、木々の変化が楽しみです。海も、川も、その土地土地で秋らしくなっていくのでしょうね。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙