ニュース
» 2021年09月20日 17時27分 公開

漫画家の佐伯かよのさん、肺がんのため69歳で死去 夫で漫画家の新谷かおる「良く頑張ったと褒めてやりたい」

3年前にがんが判明。すでにステージ4だったとのこと。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 『口紅コンバット』『緋の稜線』などの作品で知られる漫画家の佐伯かよのさんが8月29日、肺がんのため亡くなりました。69歳。9月20日、夫で漫画家の新谷かおるさんが公式サイトを通じて明かしました。

 新谷さんによると、がんが判明したのは3年前で、その時点でステージ4だったとのこと。すでに体中に転移があり、手術もできなかったようです。家族が呆然(ぼうぜん)となる中、佐伯さんは「大丈夫、何とかなるわ!!」と病に立ち向かっていたようで、治療を続けながら原稿を描いていたといいます。

口紅コンバット 佐伯かよの 新谷かおる 漫画家 新谷さんによる「-ご報告-」(画像は新谷かおる公式サイトから)

 しかし、2021年3月に体調が悪化。8月29日に家族に見守られながら息を引き取ったといいます。新谷さんは妻とファンへ向けて「良く頑張ったと褒めてやりたいです。今は静かに妻の冥福を祈りたいと思います。そしてこれまで妻を応援して下さった沢山の方々に感謝申し上げます。ありがとうございました」と言葉を送りました。

 ネットでは、佐伯さんの訃報に「艶のあるキャラクターが本当に魅力でした」「漫画を通して教わったことも数知れず…」「沢山の素敵な作品をありがとうございました」など悲しみの声が広がっています。

口紅コンバット 佐伯かよの 新谷かおる 漫画家 『口紅コンバット』第1巻(画像はAmazon.co.jpから)

関連キーワード

漫画 | 漫画家 | がん | 家族 | 訃報


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10