ニュース
» 2021年10月12日 18時01分 公開

「この作品を日本で作る意味を意識した」 イシグロキョウヘイ監督に聞くNetflix映画『ブライト:サムライソウル』(1/2 ページ)

版画からインスピレーションを得た映像表現にも注目の作品。監督インタビューで作品に迫ります。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 ウィル・スミス主演の映画『ブライト』のスピンオフアニメ『ブライト:サムライソウル』が、Netflix映画として10月12日から全世界独占配信がスタートしました。

 人間とエルフ、オークなどさまざまな種族が共生する世界で、ワンドと呼ばれる特殊な力を巡る物語が描かれた『ブライト』。『ブライト:サムライソウル』は、その世界観を継承しつつも、舞台を幕末から明治の日本に設定。隻眼の浪人・イゾウと、盗賊から足を洗おうとしているオークのライデン。そしてエルフの少女・ソーニャの3人が出会い、北にあるエルフの国を目指して旅する中、ワンドを手にしようとする組織や新政府が絡み合うストーリーで、版画からインスピレーションを得た映像表現が『ブライト』の世界に新たな息吹を与えています。

 監督は、テレビアニメ『四月は君の嘘』『クジラの子らは砂上に歌う』、そして2021年公開の劇場アニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』などを手掛けたイシグロキョウヘイさん。『サイダーのように言葉が湧き上がる』でみせた鮮やかでポップな色彩など、センスを評価する声が多い注目のアニメ監督に、今作について聞きました。

ブライト サムライソウル イシグロキョウヘイ Netflix インタビュー イシグロキョウヘイ監督に聞く『ブライト:サムライソウル

この作品を日本で作る意味を意識した

―― 今作に関わることになったいきさつから教えてください。

イシグロ 「ブライト:サムライソウル」を元請けとして制作することになる、札幌のCGスタジオ・アレクトの成田穣プロデューサーとは旧知の仲で、彼が声をかけてくれたところがスタートです。当時、企画は初期段階で、シナリオもない状態でのオファーだったので、ゼロから参加させていただきました。

―― まずウィル・スミス主演の映画『ブライト』があり、それを日本のアニメに作り変える特殊な企画ですが、苦労した点はありますか。

イシグロ 自由を与えられることの方が多かったです。映画『ブライト』という原作はありますが、大枠さえ原作とリンクしていれば好きに作っていいと原作チームからコメントをいただいていたので、特に苦労はありませんでした。それはNetflixさんの特徴じゃないかと思います。本当に今回自由を感じました。

―― 舞台を幕末にする発想はどこから?

イシグロ 僕がこの企画に参加したのと同時期、脚本の横手美智子さんとNetflixの櫻井大樹プロデューサーの話し合いで決まったそうで、僕はそこには関与していません。

 Netflixさんは全世界に向けて作品を作っていますよね。その作品群は各国の各スタジオで作られている。ですのでこの作品を日本で作る意味を意識しました。つまり、日本に住んでいて日本で生まれ育った僕たちが世界に向けて作る作品。そう考えると、日本の歴史をたどることに合点がいった。やりたいことと近かったので、明治維新を扱うのは問題なく受け入れることができました。

ブライト サムライソウル イシグロキョウヘイ Netflix インタビュー

―― 映画の大きな切り口の1つは多様性で、アメリカを象徴するような多種な種族が登場する物語です。それを日本の作品に落とし込む際に特に意識したことは?

イシグロ 日本は多民族といえるほどの民族はいない国ですので、アメリカを舞台にしている原作のニュアンスを参考にしました。人種差別、差別する側とされる側の皮膚感覚などは、平和な国で生きてきた僕には正直実感がわかない部分があります。

 ライデン役の平川大輔さんがインタビューでおっしゃっていましたが、差別されることが当たり前の世界で生まれたライデンが、どういうマインドでそこを打破しようとするのか、ちゃんと勉強しないといけないと感じました。黒人差別の歴史や分断などの問題が叫ばれ、危うい時代になっている部分がありますが、時事も含め自分でも勉強して作品に落とし込めるようにしました。なるべく自然に、ニュアンスはつけたつもりです。

ブライト サムライソウル イシグロキョウヘイ Netflix インタビュー

―― 初期段階で作品が固まり、本国への確認作業もあったかと思いますが、リアクションで印象的だったことはありましたか?

イシグロ うれしいことに、「いいねいいね」と言われることばかりでした。これもまたNetflixの自由さというか、クリエイティブ主導。演出プランも大きく否定されることはなく、作り上げたものも喜んでもらえることが多かったです。逆に不安になるくらいでしたけど(笑)。

―― スピンオフとしてアレンジする上で、監督にとっての挑戦は?

イシグロ 挑戦といえるかは分かりませんが、原作をリスペクトするという意味を踏まえ、ブライトという能力者とワンド、魔法の杖がどういう能力なのか、アニメでは説明をほぼオミットしました。迷いました。いくらスピンオフとはいえ、ワンドとはなんぞや、ブライトとはなんぞやを深く知らないと、アニメから入る人が物語を理解できない可能性もあるので。

 ただ、その辺りは原作映画で一度描かれていますから、アニメでは説明を最小限にとどめて原作映画に誘導しつつ、どちらかというとイゾウたちを含めたドラマにフォーカスをあてるシナリオにしました。これが正解だったかどうかは、世に出てからでないと分かりませんが、アニメ監督を何年も経験して培った自分の感覚に従いました。

―― なるほど。そのお話に関連しそうですが、ライデンについて解せない点があります。終盤、命を賭して役目を果たすようなムーブをみせるライデンに胸が熱くなったのですが、ラストシーンでは何事もなかったかのように振る舞っているのが不可解でした。劇中の合理的な説明を私が見落としたのかもしれませんが、なぜああした演出となったのか、意図や背景があれば教えていただけますでしょうか。

イシグロ 鋭い質問……!

 端的にお答えすると説明を省略しました。その理由は、ワンドの力を直前のシーンで見せているから。つまり、映像としては見せていませんがライデンにも同様の力が働いたわけです。

 終盤、イゾウやライデンのルックがわずかに変化したのを感じられたかもしれません。それがワンドの力によるもので、服装などワンドの力がおよばない部分と描き分けることでそれを示したつもりです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙