ニュース
» 2021年10月16日 19時00分 公開

元WGPライダー青木拓磨が解説 「初心者ライダーが転倒に至る」5つの理由(1/2 ページ)

初心者はもちろん、ベテランライダーも再確認すべきアドバイスです。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 元WGPライダーで車いすレーサーの青木拓磨さんが10月7日、自身のYouTubeチャンネル「青木拓磨のモータースポーツチャンネル」を更新。「バイク初心者が転倒してしまう」5つの理由を解説しました。

青木拓磨のモータースポーツチャンネル 初心者ライダーが転倒してしまう理由とは……?(青木拓磨のモータースポーツチャンネルより)
青木拓磨のモータースポーツチャンネル 青木拓磨のモータースポーツチャンネル 青木拓磨のモータースポーツチャンネル 青木拓磨のモータースポーツチャンネル 青木拓磨のモータースポーツチャンネル
【初心者向け】バイクでやりがちな転倒してしまう5つの理由(YouTube/青木拓磨のモータースポーツチャンネル)

 1つ目は「オーバースピード(スピードの出し過ぎと過信)」。速度を出しすぎて曲がれない、ブラインドカーブや交差点の「その先」を予測できず自身の持つ運転技能を越えてしまうパターンです。

 「曲がった先がさらにきつい複合コーナーだったとか、クルマが停止してたとか、障害物があるとか、落ち葉や白線で滑りやすくなっていたとか。過信せず、自身のコントロール下における速度までしっかり落とす、そしてその速度を落とすタイミングを意識するようにしましょう」。

青木拓磨のモータースポーツチャンネル 過信せず、自身のコントロール下における速度までしっかり落とす

 2つ目は「立ちゴケ」。特に「斜面」で止まるときに注意です。「これはベテランでも侮れないです」。

 一見平たんに思えても、路面がわだちで大きくうねっていることがあります。足を着くところだけ砂利だったり陥没していたりと路面状況が異なることもあります。「いつもは足が届くのに、空振り。あれ、足がつかない。あぁぁぁ」となってバランスを崩し、車体の重さを支えきれずに転んでしまうパターンです。

 坂では「傾斜の山側に足を付く」ように心掛けるのがコツだそうです。なるほどー。

 3つ目は「周りを見ていない」。後ろから追い抜こうとするクルマに気が付かずにバッと車線変更し、事故になったり姿勢を崩して転んでしまったりするパターン、ナビ画面に集中してしまったあまり気付いたら前でクルマが止まっていたといったパターンです。

 「公道を走る皆さん全員にいえることです。必ず前、周りを見ることを常に意識して運転しましょう」。

青木拓磨のモータースポーツチャンネル 必ず周りを見ることを常に意識して運転しましょう

 4つ目は「ブレーキをMAXまで掛けられない」。近年のバイクはABS(アンチロックブレーキシステム)も標準搭載しますが、初心者に多いのは「(ABSが効くまで、バイクが最大限の制動力を発揮するまで)ブレーキをしっかり掛けられない」こと。結果として止まれずにぶつかったり、転んでしまったりするパターンです。

 「ぜひ安全な場所で、ブレーキをしっかり掛けられる/最大の制動力を知る/制動距離を短くしていく練習をしてみてください。自分でやるのも限界があるので、ライディングスクールで学んでみるのもテクニック向上、安全運転意識向上の近道です」。

青木拓磨のモータースポーツチャンネル 「フルブレーキができない」のも危険。これは初心者でなくともハッとしたも人が多いかも

 5つ目は「雨の日の走り方が分からない」。雨天走行は危険がたくさん、水滴で視界が遮られ、寒さや水濡れで集中力も落ちがち。濡れたマンホール、白線、高速道路のつなぎ目はツルッと滑ります。プロレーサーでも緊張する雨の公道走行。一番手っ取り早いのは「雨の日は走らない」です。

 しかしどうしても乗って帰らなければならないときもあります。「“マンホール、白線、つなぎ目”、特にこの3つを注意し、これら危険カ所ではアクセル開けない、ブレーキ掛けない、車体は真っすぐ、“とにかく何もしない”状態で通過することを心掛けると転倒のリスクはグッと減ります」。

青木拓磨のモータースポーツチャンネル 雨の日は「乗らない/無理しない」が一番です

 ファンからも「バイクの楽しさだけでなく、安全面も重要ですよね!」「レーサーからの話は貴重ですね」「すごく勉強になります」などのコメントが多く寄せられていました。初心者もリターンライダーもベテランも、ライダーの皆さんは動画をチェックして、どうか安全運転で!

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」