ニュース
» 2020年04月25日 15時30分 公開

「法や金は君の体を守ってはくれない」 バイク事故で“足が4つに折れた”漫画家が体験レポで伝えたいこと (1/2)

事故後もリハビリや事故調査など大変な事が続々……。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 壮絶なバイク事故の経緯と、その後の出来事をまとめた漫画「漫画家の足が4つに折れた日」が注目を集めています。作者は『ブレイクブレイド』を連載中の吉永裕ノ介(@yoshinaga909)さん。最後のコマの言葉が、とても重い。

photo いつも通り安全運転していたはずなのに……

 意識が戻った時にはストレッチャーで搬送され、地獄のような痛みを感じたという吉永さん。事故は十字路の交差点で発生しました。

photo 意識がはっきりするとすぐに激痛が

 走行中の道路には路上駐車しているクルマが1台、その前方に右折待ちのクルマが1台。道路の左寄りを走る「キープレフト」を意識していた吉永さんは、やむを得ず道路の左側から右側へ移動して、駐車していたクルマを避けて進みます。しかし、その直後に右折待ちしていたクルマが、曲がるのをやめて元の車線に戻ってきました。

photo 右折すると思っていたクルマが急に車線に戻ってきます

 進路をふさがれた吉永さんは、そのままクルマに激突。背中と頭を強打し、ふとももの骨を4つに折るなどの重傷を負いました。背骨にもヒビが入り、もう少しで半身不随になる可能性もあったそうです。また3カ月後に始まったリハビリは涙が出るほどの痛みが伴いました。

photo 頭と背中をガードレールに強打
photo リハビリにも激痛が伴います

 さらに警察の高圧的な対応にも悩まされます。何でも後方からの衝突事故は追突側の過失とみられるケースが多く、この事故でも原因は吉永さんに大きくある思われたのか、厳しく問い詰められたそうです。

photo 最終的には相手の過失が認められましたが……

 最終的にはクルマ側の過失が大きいと認められましたが、吉永さんの右足には現在もプレートが入ったまま。骨の接合時に右足が3センチ長くなり、バランスをとるため左靴には余分に靴底が必要となりました。

photo それでも事故の傷跡は深く残っています

 事故から長い時間が経過したある日、クルマを運転中にバイクの危険な走行を目撃した吉永さんが「正当性とか法や金は体を守ってはくれない」「自分の身は自分で守るしかない」と、自分の身に起きたことを思い返しながら体験談を締めくくっています。

photo 一言一言が重い……

 漫画を読んだ人からは「貰い事故も含めて気を付けないといけないと強く思いました」「事故にあわないようにより注意していきます」といった感想が上がりました。またバイクに乗っている人からも、実際に事故にあった体験談も寄せられていました。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.