レビュー
» 2021年10月24日 12時00分 公開

ドジっ子“キョンシー”との優しい交流 同人誌マンガ『レンタルキョンシー』が描くファンタジックな日常司書みさきの同人誌レビューノート

免許1枚でキョンシーを使役できる世界。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 かぼちゃのランタンに、魔女とおともの黒猫……そんなディスプレイがあちこちで見られるようになってきました。不思議なものたちが行き交う一夜、お菓子や仮装で盛り上がるハロウィーンもすっかりなじんできましたね。

 今回は、オリエンタルなよみがえりの者、キョンシーとの交流をふんわりファンタジックに描いた同人誌です。

今回紹介する同人誌

『レンタルキョンシー』A5 42ページ 表紙カラー・本文モノクロ

著者:なかぢま


同人誌 図書館 司書 街を包むのは黄昏(たそがれ)でしょうか

キョンシーを免許で使役する世界

 主人公の“ぼく”がある日、「じいちゃん 受かってる!」と思わず叫んで合格を告げたのは、「キョンシーを使役できる免許」でした。運転免許証のようなカードを手に、“ぼく”は早速専門店に、キョンシーのレンタル手続きに向かうのです。日常生活にぽこんとホラーな要素が入って、それ以外は何の変哲もないような日常がコミカルにマンガで描かれてゆきます。

 本文では、免許の条件も、キョンシーがどのような状態なのかも詳しくは解説されません。けれど、レンタルショップで無造作に並べられた「検品前」のキョンシーたちの様子、店員さんに尋ねられるのは「使用」の目的……と、言外に生物ではないことが読み取れるようになっています。作中のキョンシーは歩き、関節も曲がり、動き、働くことができるようですが、やはり生身ではない存在なのです。

同人誌 図書館 司書 カード1枚でキョンシーを使役できる世界

生きる者と生きていない者の交流をナチュラルに描く

 実はこの世界では、キョンシー免許はなかなかの難関のようなのです。キョンシーと歩いていると「すごいね」といわれて誇らしい“ぼく”。でも実は、彼のうちにやってきたのは、片付け苦手、お茶はこぼす、歩けば転ぶというドジっ子キョンシーだったのです。最初はキョンシーを連れ歩く優越感に満たされていたはずだったのに、それはキョンシーをうまく使いこなせないいら立ちに変わっていきます。物言わぬキョンシーに語り掛け、反応を見、感情を高ぶらせる様子に、読んでいるこちらも、いつのまにか生きる者と生きていない者が自然にまじりあう世界の中に入り込んでいきます。

同人誌 図書館 司書 キョンシーを連れて歩くと称賛が

境目のあいまいな世界。夕暮れに包まれる余韻を感じて

 やがて彼らは少しずつ、優しい交流の片鱗(へんりん)を見せ始めます。言葉のないキョンシーのしぐさからやりたいことを知ろうとし、問い、やりとりを繰り返す姿は、やっぱりどこまでも日常的で、かわいらしく温かみを感じる絵柄とも相まって、ホラーらしさなんて全くありません。飾りひものついた襟の詰まった服や、細工の見事な窓、キョンシーにぴったりな異国の雰囲気もすてきです。そう、そんな温かくやわらかな世界で、生きる者が生きていない者をレンタルしているというアンバランスな恐怖が、丸ごとくるまれてしまうのです。

 読み終わって、あらためて表紙をまじまじと眺めました。淡い黄色に色づいた街並みを歩く彼ら。キョンシーの足元に影はあるのか? ……見る人によって「影がある」とも「影はない」といえるような絶妙な位置に描かれています。あり得ないことを日常に紛れさせ、あいまいになじんでいく不思議にやわらかな余韻は、秋の夕暮れによく似合うような気がしました。

同人誌 図書館 司書 キョンシーとの優しい交流

サークル情報

サークル名:メトロ

Twitter:@uhouho_01

pixiv:https://www.pixiv.net/users/54131824

入手できる場所:BOOTH(※10月30日まで)


今週の余談

 お月見のお団子、ハロウィーンにはかぼちゃ料理など、行事にはおいしいものがつきものですね。この本に出ていたチョコレートも、これからの寒い季節にひときわおいしくなりますね。季節ごとのおいしいもの、楽しみです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」